リリース管理とは?ツールで確実なリリースのフローを確保する方法

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

リリース管理とは?

ITIL®では、リリース管理と展開管理を、新しいITサービスや既存のサービスのアップグレードを本番環境に展開するための管理、計画、スケジューリングのプロセスと定義しています。ここでいう「リリース」とは、より新しいバージョンのサービスやコンポーネントを開発することであり、「展開」とは、それを本番環境に統合するプロセスを意味します。

リリース管理はなぜ必要なのか?

組織の成長につれ、ITインフラの定期的なアップグレードが必要になることが多々あります。どんなに簡単なリリースであっても、異なるチーム間のコミュニケーション不足やスケジュールの衝突、プロジェクトマネジメントなどの課題に多くの組織が悩まされています。これらの課題を適切に対処せず進めてしまうと、不完全のままリリースされたり、失敗したりする可能性が高まります。その結果、リリースが滞り障害が増え、本来なら防げたはずのダウンタイムの発生につながってしまいます。

さらに、ほとんどの組織では、リリース管理プロセスを変更管理プロセスから切り離して扱っていますが、一元的に管理を行うことで、リリース管理を活用してITの変更を効率的に実施することが可能になります。

ITサービスマネジメントツールで行うリリース管理

ITSMツール「ServiceDesk Plus」は効率的なリリース管理を実現します。

ITリリースをより正確&迅速に実施

  • 変更からリリースの起票が可能なため、ITインフラのアップグレードを簡素化
  • リリースに関するテンプレート・役割・ステータスを設定することで、リリース管理プロセスを細かくカスタマイズ
  • ワークフローと通知を設定し自動化することで、各関係者へ正確な情報提供が可能
  • カレンダー表示により、各リリースのスケジュールの衝突を回避
リリース管理のカレンダービュー <リリース管理のカレンダービュー>

設定したリリースのワークフローでソフトウェアリリースを管理

  • メジャー、マイナー、緊急などと定義したリリースをそれぞれ専用のワークフローで管理することが可能
  • ワークフローはドラッグ&ドロップで作成でき、通知、条件チェック、承認、フィールド更新などの様々なアクションが可能
  • 各ワークフローに、ステージ、ステータス、トランジションの設定が可能
リリース管理のワークフロー <リリース管理のワークフロー>

より正確な管理とコントロールを確保

  • 役割とテンプレートを関連付け、リリース管理の標準化を実現
  • インパクト情報、実施プラン、復旧プラン、チェックリストが作成可能
  • 導入後のトレーニングやレビューを実施し、スムーズな移行と運用を実現
  • リリースモジュール内からエンドユーザーに対して、予定されているダウンタイムについてアナウンスすることが可能
  • 自動通知ルールとカスタマイズされたメールテンプレートを設定することで、すべての関係者への迅速な情報提供が可能
リリース管理詳細 <リリース管理の詳細画面>

※ ITIL(IT Infrastructure Library®)はAXELOS Limitedの登録商標です。