ソフトウェアライセンス管理とコンプライアンス違反防止

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

ソフトウェアライセンス管理

適切なITサービスの提供とライセンス違反の防止を実現する
ServiceDesk Plusのソフトウェアライセンス管理

ソフトウェアライセンス管理とは

ソフトウェアライセンス管理_ソフトウェアの概要

インターネットからの違法ソフトウェアのダウンロードや、ソフトウェアの不正コピーの利用などが難しくない昨今、ソフトウェアライセンスに関するコンプライアンス違反は、ソフトウェア会社から多額の損害賠償を求められる原因になる可能性があります。反対に、ソフトウェアライセンス体系の複雑化により、ソフトウェアの利用実態を把握しきれないまま、実際の利用ライセンス数よりも多くのライセンスを購入してしまうケースも少なくありません。このように、利用ライセンス数の過少/過大報告によるコストの増加を防止するためにも、企業のIT部門にとってソフトウェアライセンス管理は欠かすことのできない重要な管理項目のひとつです。

ソフトウェアライセンス管理の目的

ソフトウェアライセンス管理の最大の目的は次の2つです。

  • 適切なITサービスの提供に必要なソフトウェアライセンスの管理
  • 不正コピーなどの違法ソフトウェアライセンスの利用防止

これらの目的を達成するためには、ソフトウェアライセンス料金を支払っているライセンスの使用率やソフトウェアライセンスのコンプライアンス違反の数を把握する必要があります。

ServiceDesk Plusのソフトウェアライセンス管理方法

ServiceDesk Plusでは、ソフトウェアのライセンス管理のために次のような機能を実装しています。

  • ソフトウェアライセンスの利用実態の把握
  • 再使用、未使用ソフトウェアライセンスの追跡
  • ソフトウェアライセンス証書の管理
ソフトウェアライセンスの利用実態の把握

ServiceDesk Plus は、組織にある特定のソフトウェアのすべてのインスタンスを検出しリスト化します。組織内でインストールされているソフトウェアのコピー数と、購入したソフトウェアのコピー数を把握しておくことは、ソフトウェアライセンスの最適化に欠かせないポイントとなります。これらの情報に加え、使用頻度が高いソフトウェアと低いソフトウェアの情報や、ITサービス利用者がどのソフトウェアを集中的に利用しているのかというデータから、ソフトウェアのライセンス不足やライセンスの買い過ぎを防止できます。

ソフトウェアライセンス管理_ソフトウェアの概要【ソフトウェアの概要】
使用中、未使用ソフトウェアライセンスの追跡

ほとんどの場合、特定の業務に従事するとその業務に関連するソフトウェアが必要になり、ある一定のソフトウェアをインストールしますが、業務が終了するとそのソフトウェアは不要になります。ServiceDesk Plus を使用すれば、このような使用されていないソフトウェアを回収し、必要なユーザーに再配布できます。ソフトウェアの利用状況を監視することで、計画的なライセンス購入ができるようになり、IT関連コストの削減に役立ちます。

ソフトウェアライセンス管理_ソフトウェアリスト【ソフトウェアライセンスリスト】
ソフトウェアライセンス証書の管理

同一ソフトウェアであっても、ライセンス購入時期が異なる場合、ライセンス契約内容も異なる可能性があります。同様に、異なるソフトウェアであっても同一ライセンス契約内容に紐付けられていることがあるかもしれません。このようなときには、ServiceDesk Plusのソフトウェアライセンス証書機能を利用すれば、ソフトウェアライセンスに関する契約情報(利用条件、サポート内容、契約期間)を記録しておくことができます。また、契約満了前に、担当者に自動通知メールを送付することも可能なので、ライセンス契約の更新忘れで突然アプリケーションが利用できなくなるなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

ソフトウェアライセンス管理_ソフトウェアライセンス証書【ソフトウェアライセンス証書】