価格

通常ライセンスと年間ライセンス

ManageEngine®製品では、多様なニーズに応えるため、「通常ライセンス(無期限ライセンス)」と「 年間ライセンス」のふたつのライセンス形態を用意しています。お客様の仕様に適したライセンス形態を選択してください。

通常ライセンス(無期限ライセンス)は、無期限の製品ライセンスに、初年度のみの 年間保守サポートサービスが含まれています。

製品の納品日から保守サービスが開始され、以後、1年ごとに 年間保守サポートサービス契約を更新します。

年間ライセンスは、1年間利用可能な製品ライセンスで、 年間保守サポートサービスが含まれています。

1年ごとに年間ライセンス契約を更新します。

ライセンス購入例の比較

たとえば、 ManageEngine® OpManager Essential Edition50デバイスを4年間利用した場合、それぞれのライセンスの内容は、次のようになります。

※製品の価格変更により以下のイメージと異なるケースがあります。

※1年毎の価格差は製品により異なります。

メリット

半永久的にソフトウェアが利用可能(無期限の使用許諾)

メジャーバージョンアップと マイナーバージョンアップについて

メジャーバージョンアップ、マイナーバージョンアップともに、年間保守サポートサービスに加入していれば可能

メリット

毎年使用権を購入する体系で、少額の費用で利用開始可能

メジャーバージョンアップと マイナーバージョンアップについて

メジャーバージョンアップ、マイナーバージョンアップともに、常時、無料で可能