NetFlow Analyzer ナレッジベース

IPv6 への対応状況


[ビルド12300以降でのIPv6 対応状況]

sFlow についてIPv6対応(アドバンストセキュリティ分析モジュールでの対応を含む)


[ビルド10250以降でのIPv6 対応状況]

IPグループの作成以外対応


[ビルド9800以降でのIPv6 対応状況]

([ビルド9100 - 9700でのIPv6 対応状況]に加えて、
以下の機能でIPv6 に対応しました。
またsFlow は未対応です。)

(1)ヒストリカル(平均化/集約化)データによるレポート

(2)アプリケーションとIP アドレスとのマッピング

(3)トップサイトとIP アドレスとのマッピング

(4)スケジュールレポート

(5)レポートプロファイル([レポート]タブ)

(6)アドバンスト セキュリティ分析モジュール


[ビルド9100 - 9700でのIPv6 対応状況]

(1)IPv6 を含むNetFlow v9 を受信し、ローデータのみ格納可能
(データを平均化して格納することは行ないません。またsFlow は未対応です。)

(2)トラブルシューティングレポート(ローデータ利用)でIPv6 のIP アドレスを表示可能
(但し、各カラムの表示幅を自動的に調節する機能はありません。)

(3)各インターフェースについての[アプリケーション]タブ、[送信元]タブ、[宛先]タブ、[通信]タブでの
でIPv6 のIP アドレスを表示可能
(但し、過去2時間でのトップ10通信のローデータのみが参照可能
各カラムの表示幅を自動的に調節する機能はありません。)

(4)IPv6 データについては、アラート生成未対応

(5)IPv6 のIP アドレスは、IP グループでの集計未対応

(6)IPv6 のIP アドレスは、レポートプロファイルでは未対応

(7)アドバンストセキュリティ分析モジュールにて、IPv6対応(ビルド9600から)