強固なパスワードを強制

パスワードポリシーエンフォーサー

強固なパスワードを設定

パスワードポリシーの強化

サイバー攻撃は拡大の一途をたどっており、対処するのが困難になっています。ハッカーは広く使用されている弱いパスワードを利用しています。そのため、組織は、この永遠に続くイタチごっこの中で自分を守る必要があります。そこで、弱いパスワードを完全に避けることができるとしたらどうでしょうか?サイバーセキュリティの対策として、強固なパスワードポリシーを設定することは不可欠です。ですが、Active Directoryのネイティブ環境では、このための機能があまり備わっていません。

ADSelfService Plusのパスワードポリシーの強化は、カスタムパスワードポリシーを強制できるようにすることでこの問題に効率的に解決します。Windows Active Directoryのパスワードハッキング対策を行って、組織の安全を確保することができます。

パスワードポリシーの複雑性要件

パスワードに以下の要件を適用することで、カスタムパスワードポリシーの効率性を確保します。

  • 最小文字数
  • 大文字と小文字の使用
  • パスワードの先頭を文字
  • 特殊文字
  • 数字
  • 辞書の文字、ブラックリスト登録された文字

環境に応じて、厳格な、または緩やかな要件を適用します。さらに、パスワード設定時にユーザーが順守する必要のある複雑性要件をいくつも設定することができます。

シンプルなポリシーコンプライアンス

ユーザーにルールが確実にわかるように、リセットおよびパスワード変更ページのポリシー要件を表示します。ポリシー要件を満たさないパスワードは拒否されます。

ユニバーサル環境

GINA/CP(Ctrl + Alt + Del)とADUC(Active Directoryユーザーとコンピュータ)パスワードのリセット時に、パスワードリセットのポリシーを適用します。

詳細なパスワードポリシー

個別のドメインだけでなく、OUとグループに異なるパスワードポリシーを設定することもできます。この柔軟性により、機密情報にアクセスすることのできる特権ユーザーに厳格なパスワードポリシーを、アクセス権限のないユーザーに厳格でないポリシーを設定することができます。

生産性を損なうことなくセキュリティを改善

厳格なパスワードポリシーのせいで大量のパスワードリセットチケットがITヘルプデスクに送信されるかもしれないという懸念はご無用です。ADSelfService Plusは、パスワードのセルフサービス機能も提供しており、ユーザーはヘルプデスクの介入なしで自分のパスワードをリセットすることができます。ADSelfService Plusは、厳格なパスワードポリシーがお客様の会社のユーザーやITヘルプデスクの効率性を妨げないようにします。

主な機能

シングルサインオンでの単一ID

ワンクリックで100以上のクラウドアプリケーションにシームレスにアクセスできます。エンタープライズシングルサインオンを使用すると、ユーザーはActive Directoryの資格情報ですべてのクラウドアプリケーションにアクセスできます。

パスワード/アカウント有効期限通知

Active Directoryユーザーに対して、差し迫ったパスワード・アカウントの有効期限に関して有効期限通知を送信することができます。

パスワード同期

Office 365、G Suite、IBM iSeriesなど、Windows Active Directoryのユーザーパスワード/アカウントの変更を複数のシステムに自動的に同期できます。

パスワードポリシーの強化

ADSelfService Plusを使用してさまざまなハッキングの脅威に対抗する強力なユーザーパスワードの設定を確保することが可能。パスワードの複雑さ要件が明確に表示されることにより、Active Directoryユーザーは準拠するパスワードを作成することができます。

ディレクトリセルフアップデートと企業検索

Active Directoryユーザーが最新情報を更新できるようにするポータルと、検索対象ユーザーの連絡先番号など、検索機能を使用して、ユーザーに関する情報を検索するためのクイック検索機能です。