VLANとは?VLANのメリットから手軽な設定方法

ネットワーク機器コンフィグ管理

VLANとは

VLAN(仮想ローカルエリアネットワーク)とは、物理的なネットワーク構成に依存せずに、仮想的なLANセグメントを構築する技術です。VLAN内のネットワーク機器間の接続は論理的に構築されるため、ネットワーク構築における柔軟性が向上します。また、ネットワーク機器が設置されている場所の影響も受けないため、VLANを使用すると、ネットワークの変更が容易になります。一般的には、VLANはネットワーク運用管理、通信品質、セキュリティ、およびスケーラビリティを向上させるために使用されます。以下にてVLANを活用するメリットを詳しくご紹介します。

VLANのメリット

ネットワーク運用管理面

従来のLANでは、ネットワーク機器は特定の場所に物理的に存在する必要があります。そのため、新たなLANを構築する場合は、ネットワーク機器をはじめとしたインフラも併せて変更する必要があります。一方で、VLANを活用したネットワーク構築は、ネットワーク機器の場所に影響を受けません。ネットワーク機器が存在する場所に関係なく、新規のネットワークを構築できます。

通信品質面

VLANの活用により、通信品質を向上させるためにネットワークを物理的に変更する必要がなくなります。すべてのユーザーグループに対して個別のVLANを構築することにより、ネットワーク通信を区分することができます。これにより、各VLANを流れる通信を抑制することができ、遅延などを防ぐことができます。たとえば、オペレーターと管理者に個別のVLANを構築します。この場合、VLANは2つの異なるネットワークとして機能するため、VLAN同士が互いの通信品質に影響を与えることはありません。

セキュリティ面

VLANでは、ユーザーを論理グループに分け、作業に不可欠なネットワーク機器のみにアクセスできるようにします。外部攻撃が発生した場合でも、攻撃は該当のVLAN内に限定されるため、他のユーザーは通常通りネットワークを利用できます。

障害対応面

VLANを使用すると、障害における問題の特定とトラブルシューティングがより簡単になります。LANに比べて、VLANではユーザーがそれぞれ分割されたグループに分けられているので、障害発生時の原因切り分けを迅速化することができます。

VLANを設定

VLANは手動で構築することができます。しかし、すべてのネットワーク機器を個別に設定する必要があるため、構築には多くの工数が必要になります。工数を抑制しながらVLANを構築できる方法に、ネットワーク構成管理ツールを使用して自動化する方法があります。

ManageEngineの構成管理ツール

ManageEngineでは、Newwork Configuration Managerというネットワーク構成管理用のパッケージソフトウェアを提供しています。 マルチベンダーのネットワーク機器に対応しており、経験が浅い担当者でも運用できます。

コンフィグ変更機能に関するページはこちら
Network Configuration Managerのインベントリ画面

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

デモサイトはこちら