OpManager リリース10.2 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

ルーチンワークを自動化する「ITワークフロー」を強化!サーバー・ネットワーク統合監視ツール、「ManageEngine OpManager」最新版10.2をリリース

リリース 10.2の新機能と機能強化一覧

OpManager リリース 10.2 に新たに追加された機能や、強化した機能を紹介します。 最新版のリリース10.2では、ITワークフロー機能、ダッシュボード機能、ルールエンジンを強化しています。 (2013年8月8日リリース)

ITワークフローにNCMオプション関連タスクを追加

ITワークフロー作成画面[ITワークフロー作成画面]

ITワークフローは障害が発生した時に遂行する一連の決まった作業を自動化します。主にドラッグ&ドロップのみの簡単な操作で、運用監視の繰り返し作業を削減します。リリース10.2では、ネットワーク機器のコンフィグ変更管理に関連する操作を自動化する機能を追加しています。ネットワーク機器のコンフィグレーション、変更管理、コンプライアンス管理、設定変更を効率的に管理できます。

【関連する機能】

ITワークフロー

NCMオプション

ダッシュボードのウィジェットを強化

ビジネスビューに登録されている装置をツリー構造で表示するウィジェット[ビジネスビューに登録されている装置をツリー構造で表示するウィジェット]

ネットワークやサーバーのステータスを視覚化したあらゆるウィジェットを、ニーズに合わせて自由に組み合わせるダッシュボードの数種類のウィジェットを強化しています。 例:ビジネスビューに登録されている装置をツリー構造で表示

【関連する機能】

ダッシュボード

URL監視のテンプレートを追加、ルールエンジンもURL監視に対応

監視テンプレート設定画面[監視テンプレート設定画面]

ウェブサイトの可用性を監視するURL監視に関する項目をテンプレートとして管理し、ルールエンジン(サーバーやネットワーク機器など、装置を検出後、自動的に監視項目を設定する機能)に設定できます。

【関連する機能】

監視テンプレート

* その他の新機能については 10.2リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート10.2 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
リーフレット製品紹介リーフレット
プレスリリース2013年8月8日公開のプレスリリース

* アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、 リリース / アップグレード情報をご確認ください。