OpManager リリース11.1 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

OpManager 11.1」をリリース サーバー・ネットワーク統合監視ツール

の最新版11.1を、2013年12月16日にリリースしました。

リリース 11.1の新機能と機能強化一覧

OpManager リリース 11.1 で強化した機能を紹介します。 (2013年12月16日リリース)

  • 設定したしきい値の一覧レポートや、アラート抑止設定の監査レポートなど、新規レポートを追加
  • YAMAHA製ルーター対応のテンプレートなど、約67種類の装置テンプレートを追加
  • 多言語表示に対応
  • 新しい装置を追加する際、計測値の単位設定とデータ保存の可否を選択可能
  • 通知メールに挿入するパラメーターとして、最新ポーリング値やアラートエンティティを挿入可能
  • PostgreSQLのセキュリティの脆弱性に対する修正に対応

※その他の新機能については11.1リリースノート / 制限事項 をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート11.1 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントススタートアップガイド、ユーザーガイドなど
製品紹介リーフレット製品紹介リーフレット
ダウンロードOpManager 11.1 評価版 (※30日間無料)
OpManager 11.1 無料版 (※機能制限あり)

※アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、リリース / アップグレード情報をご確認ください。