OpManager リリース11.4 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

「OpManager 11.4」をリリース サーバー・ネットワーク統合監視ツール

の最新版11.4を、2014年10月28日にリリースしました。

リリース 11.4の新機能と機能強化一覧

トポロジーマップの描画機能を強化

トポロジーマップ[トポロジーマップ]

自動でネットワーク構成を描画する「トポロジーマップ」においてレイアウトを選択できるなど、描画機能を強化しています。また、作成したトポロジーマップをMicrosoft Visioへエクスポートできます。

【関連ページ】

各種マップ・ワークフロー作成機能の安定性を向上

3Dサーバーラックビュー[3Dサーバーラックビュー]

ドラッグ&ドロップの簡単な操作でネットワーク構成図を作成できる「ビジネスビュー」、3D表示でデータセンターのサーバーラックを可視化する「3Dサーバーラックビュー」や、定形の障害一次対応を自動化する「ワークフロー」の作成について、JavaScript使用に仕様を変更しています。

【関連ページ】

UCS監視(オプション機能)

UCS監視アドオン[UCS監視]

Cisco Unified Computing System(UCS) は、サーバー、ネットワーク、ストレージ アクセス、仮想化を密接に結合したシステムです。OpManagerは、Cisco UCS XML APIを使用し、すべてのCisco UCSとそれを構成するコンポーネントを監視します。

※その他の新機能については 11.4リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート11.4 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
製品紹介カタログ製品紹介リーフレット(PDF)
ダウンロードOpManager 11.4 評価版 (※30日間無料)

※アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、リリース / アップグレード情報をご確認ください。