OpManager リリース8.8 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

OpManager 8.8 リリース情報

サーバー・ネットワーク統合監視ツール、VMware監視機能を強化!サーバー・ネットワーク統合監視ツールのリリース8.8を、2011年5月23日にリリースしました。

新機能と機能強化一覧

VMware ESX監視機能(オプション)を強化

仮想環境を一元管理

VMware ESX監視機能(オプション)を強化

VMware APIを使用した監視機能により、VMware ESXサーバーやゲストOSを含む仮想環境と物理環境を一元的に監視することができます。VMware(ESX 3.5、ESXi 3.5、ESX 4.x、ESXi 4.x)に対応し、CPU、メモリー、ディスク、ネットワークなどのリソース監視や、しきい値の2重設定が可能です。監視画面を一新し、一覧表示やアラート、レポートなど、よりグラフィカルで分かりやすくなっています。詳細はこちら

トポロジーマップ自動作成機能を追加

ネットワークの全体把握

トポロジーマップ自動作成機能を追加

ルーターやスイッチ間の接続をマッピングしたトポロジーマップを自動作成します。ネットワーク上の装置を検出後、放射状ツリー型、ノードリンク型、風船ツリー型などのレイアウトで、レイヤー2/レイヤー3のネットワークのトポロジーマップを自動作成します。障害発生時も各装置のステータスは自動更新されるため、維持管理の手間が不要です。監視装置数の増加や複雑化した環境においても、ネットワーク構成を正確に把握することが可能です。詳細はこちら

SNMPトラッププロセッサーを機能強化

SNMPトラッププロセッサーを機能強化

Varbind情報のマッチング機能を追加

SNMPトラッププロセッサーにてVarbind情報のマッチング機能が追加され、SNMPトラップの処理をより便利に行えます。

ダウンタイムスケジューラ機能を強化

細かい設定でさまざまな時間帯に対応

ダウンタイムスケジューラ機能を強化

月次のスケジュール設定や連続日数の設定機能、またステータスを表示する機能が強化され、より細かくダウンタイムのスケジューリングを行えます。

メールサーバーのSSL設定機能を追加

アラート通知の安全性向上

メールサーバーのSSL設定機能を追加

障害アラートやレポートに使用するメールサーバー設定にSSLを利用できます。これにより、より安全なアラート通知を実現できます。

Google Chromeブラウザーに対応

ブラウザー選択肢の増加

Google Chromeブラウザーに対応

IEやFirefoxに加えて、Google ChromeブラウザーにてWebクライアントを使用できます。

* その他の新機能については 8.8 リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート8.8 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
リーフレット製品紹介リーフレット
プレスリリース2011年5月23日公開のプレスリリース