OpManager リリース9.0 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

サーバー・ネットワーク統合監視ツール、Hyper-V 監視機能を追加!

OpManager リリース 9.0 の新機能

OpManager リリース 9.0 に新たに追加された機能を紹介します。 (2011年12月12日リリース)

Hyper-V監視画面

仮想化環境と物理環境を一元管理

Hyper-V監視機能を追加

VMwareの監視に加えて、WMIを使用した監視機能により、Hyper-Vによる仮想サーバーやゲストOSを含む仮想化環境と物理環境を一元的に監視することができます。CPU、メモリー、ディスク、ネットワークなどの50項目を超えるリソース監視に対応し、しきい値の二重設定も可能です。一覧表示やアラート、レポートなど、グラフィカルなインターフェースを提供します。 詳細はこちら

スクリプト監視画面

カスタマイズされた多彩な監視が可能に

スクリプト監視機能を追加

ICMP pingによる死活監視、SNMPやWMIに加え、VBScriptなどのスクリプト言語を使って監視することができます。 プロセス起動中のインスタンス数を取得するプログラムをVBScriptで定義したり、また標準では取得できない項目を監視対象に設定したりすることができます。このスクリプト監視機能を活用し、多彩にカスタマイズした監視が可能です。Windows PowerShell、Linux シェルスクリプト、VBScript、Python、Perlに対応しています。 詳細はこちら

ITワークフロー画面

ルーチンワークの負荷を軽減

ITワークフロー機能を追加

アラートが発生したとき、または定期的に一連のタスクを自動的に実行することができ、管理者の負荷を軽減します。例えば、Windowsサービスが停止したときに、管理者にメール通知したあとでサービスを起動させることが可能です。 詳細はこちら

REST API 利用イメージ

カスタマイズの自由度を向上

REST API機能に対応

ヘルプデスクや上位のネットワーク監視ソフトなど、外部のアプリケーションとの連携を実現するREST APIに対応しています。装置の追加や通知プロファイルの追加・削除などの操作が可能です。

タブを使用した新しいユーザーインタフェース

UI改善で利便性が向上

タブを使用した新しいユーザーインタフェース

画面上部のタブで、ダッシュボードの選択や監視項目の追加が可能です。頻繁に使用する項目へのアクセスが容易になり、簡単で直観的な操作を実現しています。

* その他の新機能については 9.0 リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート9.0 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
リーフレット製品紹介リーフレット
プレスリリース2011年12月12日公開のプレスリリース

* アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、リリース / アップグレード情報をご確認ください。