OpManager リリース9.2 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

いままでより10倍速く導入できる! サーバー・ネットワーク統合監視ツールの最新リリース版

OpManager リリース 9.2 の新機能

OpManager リリース 9.2 に新たに追加された機能を紹介します。 (2012年8月20日リリース)

ディスカバリ機能の強化!

「ルールエンジン」機能の追加とディスカバリ高速化
ルールエンジン

サーバーやネットワーク機器など、装置を検出後、自動的に監視項目を設定する「ルールエンジン」機能を追加しています。 装置の種類やIPアドレスなど指定した条件に合致する装置を検出すると、サービス、URL、プロセス、スクリプトなどを監視項目として設定します。個別に設定する工数を省略し、検出してから実際に監視を始めるまでの時間を大幅に短縮します。 また、前リリース9.1に比べ、装置の検出速度を従来の5倍に向上しています。

アプリケーションの異常を検知!

ログファイル監視に対応
ログファイル監視

ログファイル監視用のエージェントを使用して、アプリケーションやサービスが出力するログファイルに特定の文字列が含まれていた場合に管理者に通知する機能です。WMIやSNMPに対応していない、アプリケーションのログを監視することができます。この機能はオプション機能です。 詳細は ログファイル監視をご参照ください。

上位の監視マネージャーに通知!

Syslog/SNMPトラップ送信に対応
Syslog送信 設定

SyslogやSNMPトラップを上位の監視マネージャーやアプリケーションへの送信する機能です。日立製作所社のJP1、ヒューレット・パッカード社のNetwork Node ManagerやOperations Manager、IBM社のTivoli Netcoolなどのシステム監視ツールとOpManagerを併用している場合、監視工数の削減に役立てることができます。

緊急度に応じた障害対応を支援!

緊急度別のしきい値の設定に対応
複数のしきい値

障害の緊急度に応じた3段階のしきい値を設定することができます。重大な障害の発生予防に役立てることができます。

自分流にアレンジ!

タブのカスタマイズ性の向上
タブのカスタマイズ

任意のURLを表示するタブの追加、順序の変更といったタブのカスタマイズに対応しています。イントラネットに掲載している運用ルールを、ワンクリックでOpManagerのWebクライアント上に表示するといった活用が可能です。

* その他の新機能については 9.2リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート9.2 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
リーフレット製品紹介リーフレット
プレスリリース2012年8月20日公開のプレスリリース

* アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、リリース / アップグレード情報をご確認ください。