OpManager リリース9.4 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

“NetAppストレージの容量不足は、もう、起きない。” NetApp、Windows 8、Windows Server 2012 対応の サーバー・ネットワーク監視ツール最新版を発売

リリース 9.4 の新機能と機能強化一覧

OpManager リリース 9.4 に新たに追加された機能や、強化した機能を紹介します。 (2012年12月18日リリース)

NetApp ストレージシステム対応の装置テンプレートとスナップショットを追加

NetApp ストレージシステムのスナップショット画面[NetApp ストレージシステムのスナップショット画面]

新たに、NetApp ストレージシステムを監視するための装置テンプレート、および、スナップショットを利用できます。NetApp ストレージ用の装置テンプレートは、50を超えるNetApp ストレージシステムの情報を収集し、ディスク、ファイル、ハードウェア、LUN、パフォーマンスなどを監視します。

【関連する機能】 ・装置テンプレート

ネットワーク性能管理とレポート

Windows Server 2012、Windows 8監視に対応

Windows Server 2012、Windows 8監視に対応

Microsoft社の最新OSに対応しています。サーバーOSのWindows Server 2012、クライアントのOS Windows 8の装置テンプレートを利用できます。また、エンタープライズ向けデータベース MS SQL 2012の監視にも対応しています。

【関連する機能】 ・装置テンプレート

Active Directory認証

Active Directory認証ログイン画面[Active Directory 認証を用いたログイン画面]

Active Directoryのユーザーや、Active Directory ドメインの特定のグループのユーザーに、OpManagerにアクセスする権限を与えられます。既にOpManagerに登録済みの管理者がActive Directory認証でログインするよう設定することも可能です。管理者設定にかかる手間を省くだけでなく、パスワード管理を一元化し、ネットワーク管理者の作業効率を向上します。

CSVファイルで装置のメモ情報をインポート

CSVファイルで装置のメモ情報をインポート[CSVファイルで装置のメモ情報をインポート]

監視対象の機器に付与するメモの情報を、CSVファイルで一括インポートする機能を追加しています。IT資産の情報を容易に管理できます。

* その他の新機能については 9.4リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート9.4 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
リーフレット製品紹介リーフレット
プレスリリース2012年12月18日公開のプレスリリース

* アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、 リリース / アップグレード情報をご確認ください。