テンプレートのカスタマイズ・ワークフローの設定が簡単にできるヘルプデスクツール

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

ドラッグ&ドロップで自由にテンプレートをカスタマイズ可能、関連情報のみ収集

ServiceDesk Plusでは、ドラッグアンドドロップで簡単にテンプレートをカスタマイズすることができます。具体的に実現可能な一覧は以下となります。

  • インシデントおよびサービス要求に対応するチケットのテンプレート作成。依頼者用、ヘルプデスク担当者用にフォーム画面を作成することが可能です。
  • ヘルプデスク担当者、エンドユーザーの役割に応じたテンプレートアクセス権の設定
    上記2つにより、今利用できるサービスが一覧化されるため、顧客は迷わずサービスを申請することが可能になります。
  • ヘルプデスク担当者グループとテンプレートを関連付け。より迅速で的確なチケットの割り当てが可能になり、解決するまでの時間を短縮することが可能になります。
  • シングルライン、マルチライン、ピックリスト、数値、日付、時間といったさまざまなタイプのフィールドを社内の運用にあわせて設定。テンプレートごとに、各サイト(拠点)、部署ごとに必要なフィールドをカスタマイズすることが可能になります。
  • ドラッグアンドドロップで簡単にテンプレートに必要なフィールドを設定
  • テンプレートの各項目(フィールド)ごとに、依頼者に表示可能/設定可能なフィールドかを設定
 
ServiceDesk Plus リクエストフォームの編集

プログラミングのスキルがなくても、簡単にテンプレートにワークフローを設定。運用の自動化が可能に

テンプレートに設定できるワークフローの内容は、以下の通りです。

  • リクエストテンプレートにタスクを関連付け。また、タスクの依存関係も設定
  • テンプレートからチケットが作成/または承認されたとき、タスクを自動的にトリガー
  • マルチレベルの承認の設定
  • サービスのSLA(サービスレベル契約)をテンプレートに設定
  • フォームロード時、フィールドの変更時、フォームの提出時(リクエストの起票時)などのタイミングに応じて、フィールドの有効化/無効化、フィールドの表示/非表示、および必須化/非必須化、スクリプトの実行など、その他多様なアクションの設定
 
ServiceDesk Plus リクエストテンプレートのフォームルール

ManageEngine ServiceDesk PlusはPink Elephant社のPinkVERIFY™よりITIL®の「資産管理(Asset Management)」「インシデント管理(Incident Management)」「変更管理(Change Management)」「要求実現(Request Fulfillment)」4つのプロセスで認証を受けています。

※ITIL(IT Infrastructure Library®)はAXELOS Limitedの登録商標です。

 
チャットで今すぐ
ご質問下さい!
 
チャットを開始
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •