Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

Windows 11 21H2 Feature Updateの適用方法


この記事ではDesktop Centralを使用して、特にWindows 11 21H2 Feature Update (Windows 11 November 2021 Update) を適用する方法について説明しています。

Windows 11 21H2 Feature Packの適用

前提条件
  • Windows 11 21H2のシステム要件
    配布対象が Windows 11 のシステム要件を満たしていることを確認します。必要に応じて、Microsoft社のPC 正常性チェック アプリ を実行して、要件を確認してください。システム要件の確認に関しては、こちらのナレッジも合わせてご確認ください。
  • パッチDBの設定において、Feature Updateにチェックが入っている
    管理タブ > パッチ設定 > パッチDBの設定 > 管理するパッチの種類を選択する > Windows において、Feature Updateが選択されていることを確認します。
  • パッチの拒否設定において、Feature Packを拒否済みに設定していない
    パッチの拒否を設定すると、指定したパッチは配布の対象外となります。
  • レジストリでWindows 11 をブロックしている場合、ブロックを解除する必要があります
    レジストリの値を手動またはDesktop Centralの機能を使用して変更している場合、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\TargetReleaseVersionInfo の値に注意が必要です。詳細はこちらをご覧ください。

 


Feature Updateの配布・適用手順

Feature Update(機能更新プログラム)の配布には依存パッチ(isoファイル)が必要となります。依存パッチをパッチリポジトリへダウンロード完了した後、Feature Updateを配布します。詳細な手順は以下の通りです。

1. 依存パッチのダウンロード
  • Windows 11 Enterprise Edition 以外の場合、以下の手順を実行してisoファイルをダウンロードします。(参考:機能更新プログラムのisoファイルを自動ダウンロードする方法)
    1. パッチ管理タブ > パッチ > サポート済みパッチ を開き、右上の検索アイコンをクリックしてパッチID: 109021 のパッチを検索します。
    2. 「パッチ名:Win11_21H2_enx64.iso、 パッチの説明: Dependency Patch for Windows 11 (21H2) - October 2021 Update (x64)」のパッチについて、チェックを入れて[パッチのダウンロード]をクリックします。
    3. しばらく待ち、ダウンロードが成功していることを確認します。失敗している場合、時間をおいて再度試行します。

     

  • Windows 11 Enterprise Edition の場合、手動でisoファイルをダウンロードする必要があります。
    1. Microsoftボリュームライセンスサービスセンターにアクセスし、Windows 10 21H2 isoファイルをダウンロードします。詳細はMicrosoftのこちらの記事をご覧ください。
    2. ダウンロード完了後、ファイル名を以下のように変更します。
    3. Desktop Centralサーバー内(または 管理タブ > パッチ設定 > クリーンアップ設定 > ダウンロード設定 にて指定したフォルダー)のパッチリポジトリを開き、ダウンロードしたisoファイルを手動でコピーします。

    Windows 11 21H2 の場合のisoファイル名

    OS言語 Enterprise Edition その他のEdition
    日本語 109023-Win11_21H2_Jp_enterprisex64.iso
    (※NEC製のみ 109023-Win11_21H2_Jpn_enterprisex64.iso
    109021-Win11_21H2_Jpx64.iso
    (※NEC製のみ 109021-Win11_21H2_Jpnx64.iso)
    英語 109023-Win11_21H2_en_enterprisex64.iso 109021-Win11_21H2_enx64.iso
    その他 の言語 こちらのページの下部にある"Language wise ISO file name table"表をご確認ください(英語)。
  •  

2. Feature Updateの配布

Windows 10 21H2 Feature Updateを配布します。通常のパッチと同様に、手動配布を実行します(※ 自動配布は推奨されません)。

  • 手動配布の場合
    1. Desktop Centralにログインし、パッチ管理タブ > パッチ > 欠落パッチ を開きます。
    2. 以下のいずれかのパッチにチェックを入れ、[パッチのインストール]をクリックしてパッチ配布を構成します。
      • パッチの種類: optional updates, Feature Pack Update for Windows 11 (21H2) Enterprise - October 2021 Update - Online Installer
      • パッチの種類: optional updates, Feature Pack Update for Windows 11 (21H2) - October 2021 Update - Online Installer
      • パッチの種類: optional updates, パッチID:109024 - Feature Pack Update for Windows 11 (21H2) - October 2021 Update for enterprise (x64)
      • パッチの種類: optional updates, パッチID:109022 - Feature Pack Update for Windows 11 (21H2) - October 2021 Update (x64)

      詳細な設定はパッチの手動配布をご確認ください。

     

  • 自動配布の場合
    Feature Updateの自動配布は非推奨です。可能な限り手動配布をご利用ください。

    1. Desktop Centralにログインし、パッチ管理タブ > 配布 > パッチ配布の自動化 を開きます。
    2. タスクの作成 > Windows をクリックし、アプリケーションの選択 > MicrosoftにおいてFeature Updateにチェックを入れます。
    3. その他の項目を入力し、自動配布タスクを構成します。
    依存パッチがパッチリポジトリに保存されると、タスクで指定した対象/時間帯において、Feature Packの自動配布が実行されます。