NetFlow Analyzer ナレッジベース

ビルド番号:8000 リリースノート


NetFlow Analyzer Professional Edition / Professional Plus Edition 7.5 の
サービスパックをリリースいたしました。
(以下の2つのサービスパックが必要になります。
ビルド番号:7501 からビルド番号:7600 へのサービスパック
ビルド番号:7600 からビルド番号:8000 へのサービスパック)

7600 での機能追加、およびバグ修正は以下の通りです。
<機能追加>
・MS SQL Server 2000/2005 をバックグラウンド・データベースとしてサポート
・IP アドレス割り当ての無い、あるいはNetFlow エクスポート機能のないインターフェースにて、CBQoS を有効化すればQoS ポリシーを監視可能な機能をサポート
・IP グループをネットワーク・スナップショットで参照可能な機能をサポート

<バグ修正>
・ルータ名に特殊文字が使われている場合、トラフィックページにて、そのインターフェースが一覧表示されない問題を修正
・パッチ適用時、MySQL 4 からMySQL 5 に変更される際に非英語文字が正しく表示されなくなる問題を修正
・Linux OS にて、ファイルシステム名が長過ぎても、パッチを適用できてしまう問題を修正
・IP グループ数が100 を越えると、IP グループのページがブランクになる問題を修正
・MS SQL Server を使う場合、デフォルト・インスタンスでのみ稼働する問題を修正
・MS SQL Server を使う場合、RADIUS サーバ認証をサポートしない問題を修正
・MS SQL Server を使う場合、[空きディスク容量が次のパーセンテージに達したとき、自動的に最も古いローデータを削除する]機能をサポートしない問題を修正
・MS SQL Server を使う場合、[空きディスク容量が次のパーセンテージに達したとき、アラートメールを送る]機能をサポートしない問題を修正
・MySQL からMS SQL Server に設定のみ移行でき、データが移行できない問題を修正

8000 での機能追加、およびバグ修正は以下の通りです。
<機能追加>
・IPSLA/VoIPネットワークの主要パフォーマンス・メトリクス(ジッタ、待ち時間、パケット損失など)の監視をサポート(オプション)
・SNMP v3をサポート
・フレキシブルNetFlow を設定することでNBAR のデータを取得できる機能をサポート
・NetFlow v9サンプリングをサポート
・Cisco ASA (ISO v8.2 以降)をサポート
・CBQoS の子ポリシーを親ポリシーの下に生成する機能をサポート
・CBQoS レポートをPDF 形式で出力する機能をサポート
・IP アドレス群を名前解決し、国グループに分類する機能をサポート
・Google Map上の装置アイコン間のリンクをクリックすると詳細情報を表示する機能をサポート
・NetFlow 計算でサンプリング率を考慮する機能をサポート
・指定IP アドレスについて入出力トラフィックデータを抽出する機能をサポート
・オペレータおよびゲストのアカウントもダッシュボードを生成可能な機能をサポート
・トップN ASレポートをサポート
・過去15分間および30分間のレポートをサポート
・トラフィック・レポートで1分、5分、および15分平均データのオプションをサポート
・インターフェースビューから装置名やIP アドレスをクリックすると、各種トップ10 情報を表示する機能をサポート

<バグ修正>
・ビルド7501 にて、非英語インストールで[異なる時間帯で同一装置を比較]レポートが表示されない問題を修正
・SNMP トラップ送信時、重要度(重大と警告)が入れ替わってしまう問題を修正
・MS SQL Server のテーブルがスプリットするプロセスを修正
・装置グループ表示での問題を修正
・[アプリケーショングループ]、[送信元ネットワーク]、[宛先ネットワーク]、[ToS]、[DSCP グループ]に関するPDF 出力に失敗する問題を修正