NetFlow Analyzer ナレッジベース

ビルド番号:9700 リリースノート


NetFlow Analyzer Professional Edition / Professional Plus Edition 9.6 に対する
サービスパック(ビルド番号:9700)をリリースいたしました。

(以下のサービスパックが必要になります。
ビルド番号:9600 からビルド番号:9700 へのサービスパック)

9700 での機能追加、およびバグ修正は以下の通りです。

【リリース対象製品】
ManageEngine NetFlow Analyzer 9.7 (ビルド番号9700)

<機能追加/強化>
・ Cisco IP SLA Video Operationsに関するデータ表示機能を追加
-->動画送信に対するネットワーク性能をシミュレートするCisco IP SLA Video Operations のデータ(ジッタ、待ち時間、パケット損失など)を取得し、レポート表示
・ 請求データ作成機能における対象として、インターフェースグループを追加
・ Google Map ビュー表示のためGoogle Maps JavaScript API v3 に対応
-->Google Maps JavaScript API v2 のサポートが終了し、v3 へ移行したことへの対応

<バグ修正>
・ ビルド9500 からビルド9600 にアップグレードした際に、既存のメールサーバ設定が削除され、それ以降メールサーバ設定ができなくなる不具合を修正
・ ダッシュボードにおける通信速度のグラフ表示内容が間違っていた不具合を修正
・ [Cisco の推奨するQoS ベースライン]リンクをクリックするとPDF レポート表示に失敗する不具合を修正
・ Windows Server 2008 (64bit版)でサービスによる自動起動ができない不具合を修正
・ Tomcat v5に存在していた脆弱性をTomcat v6.0.28 にアップグレードして修正

[編集履歴]
(2013-10-01)
"【対象製品】
ManageEngine NetFlow Analyzer 9.6 (ビルド番号9700)"
-->
"【リリース対象製品】
ManageEngine NetFlow Analyzer 9.7 (ビルド番号9700)"
に改定