NetFlow Analyzer ナレッジベース

ルーター名・インターフェース名の編集方法 : 手動/自動(SNMP)


概要

  • ルーター名/装置名/機器名の編集
  • インターフェース情報の編集
  • 手動/自動更新
  • SNMP設定方法
  • 対象バージョン・ビルド : 12.5/12.4/12.3.318
    • バージョン・ビルド番号の確認手順 : こちら
    • バージョン・ビルド番号に依存し記載内容が異なる場合がございます

 

目次

 

手動編集

ルーター名の編集

1.

インベントリ -> [装置]タブ -> 編集したいルーター名をクリック -> 画面右上のをクリック -> [装置情報の編集]をクリック

※12.3.318の場合、ルーター名をクリック後、画面右上のをクリック

 

2.

表示名を編集し[保存]をクリック

 

 

 

インターフェース情報の編集

1.

インベントリ -> [装置]タブ -> ルーター名左記の‣をクリック -> 編集したいインターフェース名をクリック -> 画面右上のをクリック -> [インターフェース編集 詳細]をクリック

 

2.

情報を編集し[保存]をクリック

インターフェース名 インターフェース名を設定します
帯域幅 受信 インターフェースの受信スピード(使用率に計算に使用)
帯域幅 送信 インターフェースの送信スピード(使用率に計算に使用)
インターフェースタイプ インターフェースのタイプ(レポートに影響はありません)
サンプリングレート 設定されたサンプリング率を乗算してレポート表示します
ネットワーク機器でサンプリング設定を実施している際に有用な機能です

 

 

 

自動更新

SNMP設定方法

1.

設定 -> ディスカバリー -> 認証設定 -> 認証の追加

 

2.

SNMPが有効なルーター(ネットワーク機器)のSNMP情報を入力し[保存]をクリック

名前 認証情報を識別するための名称です
説明 認証情報の説明します
SNMP Read readコミュニティを入力します
パスワードを再入力 readコミュニティを再入力します
SNMPポート 機器側で使用するSNMPポートを入力します
SNMPタイムアウト タイムアウト値を入力します
一部のインターフェース名のみ取得できない場合は、タイムアウトを伸ばしてください
SNMPリトライ リトライ数を入力します

※WriteコミュニティはIPSLAオプションを使用する場合のみ設定します。

 

 

 

ルーター名・インターフェース名の自動更新

1.

インベントリ -> [装置]タブ -> 自動更新したいルーター名をクリック -> 画面右上のをクリック -> [SNMP認証情報の関連付け/SNMP認証の設定]をクリック

※12.3.318の場合、ルーター名をクリック後、画面右上のをクリック
※12.3.318の場合、[SNMP認証の設定]を[設定 SNMP]と表記

 

2.

ルーター(ネットワーク機器)のSNMP認証を選択、[テストと関連付け/認証テスト]クリック後に[OK]をクリック

※[認証テスト]が正常に終了しない場合、SNMP設定を見直して下さい

 

3.

そのままの画面(設定の編集)内で、[装置情報の編集]をクリック

 

4.

[SNMPで設定]を選択し、[デフォルトルーター名]を任意に選択

表示名 装置の名前を設定
なし 表示名に記載の名前を使用します
SNMPで設定 SNMPで装置から名前を取得します
DNSで設定 IPアドレスを逆引きして名前を取得します
すべての装置に適用 すべての装置に対してSNMPで情報を取得します
管理装置数が多いと、タイムアウトする恐れがありますので、その場合チェックを外して更新してください
※手順2.がすべての装置に適用されている必要があります

 

5.

[保存]をクリック