Network Configuration Manager ナレッジベース

アドバンスドカスタムテンプレート作成解説


DeviceExpert 5.1より新たにアドバンスドカスタムテンプレートをサポートいたしました。
アドバンスドカスタムテンプレートは、対話形式によるコマンド実行をサポートしておりますので、
firmwareのアップグレードやダウングレード等幅広い範囲のコマンド実行を行えます。
Device Expertの後継機にあたるNetwork Configuration Manager以降、
アドバンスドカスタムテンプレートは、コンフィグレットという機能に名称を変更しました。
コンフィグレット機能については、こちらのマニュアルをご参照ください。
 
手順
1. "Admin" >> "Device Management" >> "Custom Templates"を選択後、 "New Template"をクリックします。
 
2. 表示された画面の’Name’フィールドにテンプレート名、’Description’フィールドにテンプレートの解説を入力します。
 
3. デバイスに対して実行するモードを選択します。実行するモードは以下の3つあります。
File Transfer Mode---TFTPまたはSCPでコンフィグレーションを送付するモード
Script Execution Mode---telnet またはSSHで装置にログイン後、設定したコマンドをコマンドラインにて実行するモード
Adcanced Script Execution Mode---コマンドラインが対話形式の場合に使用するモード
 
4. 'Template Content'のテキストフィールドに、装置にログイン後実行するコマンドを入力します。
コマンド内で、%で文字を囲んだ場合、スクリプトを実行する際に入力フィールドとして利用できます。
例えば、 SNMPのコミュニティ名を入力する場合以下のように入力することで、スクリプトを実行する際に正しいコミュニティ名が入力できます。

 snmp-server community %COMMUNITY%  RO

 
5. 作成完了後'保存'ボタンをクリックし、保存します。
 
アドバンスドカスタムスクリプトは、装置と対話形式でコマンドを実行する場合に使用できます。いくつかのサンプルファイルを置いておりますので参考にしながら実際の装置のコマンド形態に合わせて作成してください。
また、作成後一度テスト環境等でスクリプトを実行するなど、本番環境に影響しないようにテストすることを推奨しております。
 
アドバンスドカスタムテンプレート構文解説
 

目的

構文

コマンドラインで実行するコマンドを入力する場合は次のように記述します。

<command>xyz</command>  

サンプル: <command>copy
startup-config tftp
</command>

 

対話形式内においてコマンドを実行した後に表示されるプロンプトを指定します。

 

firmwareのアップグレードやOS imageのバックアップに使用できます。

<command prompt=']?'>xyz</command>

 

サンプル: <command prompt=']?'>copy
startup-config tftp</command>

 (シングル・クォーテションマーク内にある終わりの ]が表示された場合を示します)

 

Noteプロンプトの指定がない場合は、デフォルトプロンプトを使用します

 

コマンド実行後次のコマンド入力までのタイムアウトを設定する場合、次のように記述します

<command timeout='70'>copy startup-config
tftp</command>

 

Noteデフォルトタイムアウトは30秒です。

コマンドを実行している間のデバイスからのレスポンスに応答する場合については、次のように記述します。

 

例えば、デバイスからのレスポンスに Enterを入力するのではなく、 Yまたは Nを入力しなければいけない場合に使用できます。

 

<command suffix='$NO_ENTER'>y</command>

Note新しいコマンド行が表示された場合のデフォルト入力値はEnterとなります。

コマンドを実行後表示されるコマンドを記述します。

<command prompt='confirm'>xyz</command>

 

サンプル:<command prompt='confirm'>%DESTINATION_FILE_NAME%</command>

 %(パーセント)で文字を囲むとカスタムテンプレート実行時に入力フィールドとすることができます。

コマンドシーケンスで応答がない場合で、いくつかのコマンド間でタイムアウトを結合する場合に使用できます。

 

例えば、Cisco機器のバナーメッセージを入力する際に利用できます。

<command prompt='$NO_RESPONSE' timeout='5'>banner
%DELIMITING_CHAR%</command>

 

サンプル:<command prompt='$NO_RESPONSE' timeout='5'>banner
%DELIMITING_CHAR%</command>