データセンター運用管理に不可欠な監視を簡単に実現する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

データセンター運用に必要な監視とは?

データセンターの運用には、建屋や設備から情報セキュリティまで、幅広い範囲の管理業務があります。その中でももっとも重要な業務のひとつがネットワークやシステムの監視です。

例えば、データセンターで顧客企業に提供しているサーバーが停止すればその企業に大きな損害が生まれます。そういった事故や損失を最小限に抑えるためには障害対応を迅速化する必要があります。ネットワークやシステムの異常をリアルタイムに把握し、その個所を瞬時に把握し、その原因を短時間で切り分け、障害対応を迅速化するために監視は不可欠です。

逆に言えば、データセンター運用における監視の要件は以下と言えます。

  • 異常をリアルタイムに把握できる
  • 問題個所を瞬時に把握できる
  • その原因を短時間で切り分けられる

また、データセンターの運用には管理者の下で働くオペレーターの存在がかかせません。そのオペレーターでも異常であることが瞬時にわかる警告灯や監視ツールの管理画面の設計などは重要な要件のひとつと言えます。

例えば、ツールを活用し、フロア上のラックのレイアウトやラック内の機器レイアウトを3Dで可視化するといった手段がそれにあたります。正常なサーバーを緑、異常のあるサーバーを赤で表示するといった可視化ができれば障害対応スピードを大きく改善できるようになります。

このように、多くのデータセンター運用管理者が人的リソースに加え、監視ツールを導入することで、監視業務を強化しています。

必要な監視を簡単に実現するツール

ManageEngineが提供するOpManagerもデータセンター運用に必要な監視をより簡単にはじめられるパッケージソフトウエアです。特に監視機能と可視化機能に強く、誰にでもわかる管理画面を提供します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

IPアドレスの範囲指定で自動検出した監視対象機器をラックビルダーという機能を活用しドラッグ&ドロップで配置するだけで簡単に3Dのラックビューを描画できます。その他にも障害対応を迅速化するために必要な基本機能がすべて揃っています。

機能一覧はこちら

特にデータセンターのような大規模ネットワークを監視する場合はOpManager Enterprise Editionがおすすめです。

また、データセンター管理に必要な資産管理は、同じくManageEngineが提供するServiceDesk Plusと合わせて導入することで実現するこも可能です。