連携製品 ServiceDesk Plus

サーバー・ネットワーク統合監視

連携製品 ServiceDesk Plus

プロアクティブなサービスデスク管理

OpManager と サービスデスク運用ツール「ServiceDesk Plus」 の連携

OpManagerは、Webベースのサービスデスク運用ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus」 との連携が可能です。OpManagerがネットワーク上の障害や性能問題を検出すると、ServiceDesk Plusと連携していた場合、事前に定義した問題状態に基づいて、インシデントを自動生成します。このインシデントは適切なServiceDesk Plusのオペレーターに通知され、問題対応作業を開始できます。資産管理機能では、OpManangerのスナップショット画面から ServiceDesk Plusのハードウェア詳細とソフトウェア詳細画面を起動することができます。

ServiceDesk Plus のリクエスト画面

ServiceDesk Plusのリクエスト画面

特長

  • ネットワーク機器の障害やアプリケーションからの通知による自動チケット生成
  • オペレーターへチケットを自動アサイン
  • ネットワーク障害関連のチケットの一元管理
  • ネットワーク障害の即時通知によるITインフラの可用性最大化
  • 正確なハードウェアおよびソフトウェア資産情報の取得
  • 利用禁止ソフトウェアの把握

機能

  • 複数の機器に適用できるチケットプロファイル生成機能
  • プロファイル作成時にカテゴリー、重要度、オペレーター情報を指定できる機能 - 管理者がマニュアルでチケット情報を見てオペレーターを割り当てる必要がない
  • コンピューター、CPU、HDD、周辺機器、ネットワークポート、NICなどのハードウェアインベントリ情報表示機能
  • ソフトウェアパッケージ一覧表示機能
通知プロファイル設定(チケットプロファイル

通知プロファイル設定(チケットプロファイル)