遠隔地/リモートネットワーク監視

サーバー・ネットワーク統合監視

遠隔地のネットワーク監視

OpManager Enterprise Editionは、セントラルサーバーとプローブサーバーの2つの異なるサーバーコンポーネントから構成されます。名前から分かるように、セントラルサーバーはNOC、すなわちリモートネットワーク管理者がLAN/WANを経由して分散された全リソースを制御できる中央拠点に設置されます。プローブサーバーは監視が必要なサイトに設置され、セントラルサーバーに障害や性能の報告をします。

配置オプション

  • スケーラビリティを考慮し、同一LAN上に複数のプローブサーバーを配置してプローブサーバー全体の負荷を分散できます。
  • 他方、このEditionではリモートネットワークにプローブサーバーを配置できるリモートサイトを監視できます。

プローブサーバーとセントラルサーバーの分散サーバー構成により、拠点数を拡大したりリソースを増設したりするときにも調整が可能です。サイト単位のセグメンテーションによって、整然としたネットワーク管理作業ができるようにします。企業のネットワーク監視にプローブサーバーを増設することで、ポーリングエンジンを分散できます。見てわかるとおり、スケーラビリティはEnterprise Editionのメインテーマです。このアーキテクチャがどのように機能するか、もう少し見ていきましょう。

どのように機能するか

分散配置構成のネットワーク監視[分散配置構成のネットワーク監視]
  • セントラルサーバーはNOC/データセンターに設置。
  • プローブサーバーは遠隔地に設置され、セントラルサーバーに登録。プローブサーバーはファイアウォールやプロキシサーバーの向こう側にも設置可能。
  • プローブサーバーは監視するよう設定されたネットワークでディスカバリを実行し、マップを作成し、監視し、障害を検知してその結果をセントラルサーバーにレポート。
  • プローブサーバーとセントラルサーバー間のコミュニケーションはHTTP/HTTPS上のXMLで安全。
  • セントラルサーバーはデータを照合して監視や管理がしやすいよう統合コンソールに表示。
  • 中央拠点の管理者はWebコンソールを使ってプローブサーバーの必要な情報にアクセス。
  • NOC側のセントラルコンソールは分散エンタープライズネットワークの鳥瞰図やパフォーマンスを表示。

OpManager Enterprise Edition 紹介リーフレット (PDF) (6.8 MB)

*PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。