リモートネットワークを簡単に監視する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

リモートネットワークとは?

リモートネットワークとは、あるネットワークから見て独立したネットワークの総称です。例えば複数の支社を持つ企業では、それぞれの支社が持つネットワークがリモートネットワークの関係にあります。また、自宅と会社もリモートネットワークの関係にあります。昨今では、テレワークの増加に伴い、リモートネットワークを抱える企業が増えています。

リモートネットワークは運用が難しい

リモートネットワークを運用する担当者には、ネットワークを遠隔地から監視し安定運用を行う必要があります。本社からすべての支社のネットワークを監視する場合もあれば、自宅から会社のネットワークを監視する場合もあります。いわゆる「ネットワークのリモート(遠隔)監視」です。このような監視において最大の課題は、ネットワークパフォーマンスの低下や障害発生時に、原因調査のために直接ネットワーク機器を確認しに行ったり、サーバールームにすぐには行けない点です。また、支社にいる経験が浅いSEに現地対応を依頼する場面もあるでしょう。

ログやパケット解析による監視は限界がある

ネットワークを遠隔監視する方法の1つに、サーバーのログやネットワーク機器を通過するパケットの解析があります。しかし、ログやパケットはデータ量が膨大かつ解析に技術を要します。そこで多くの企業では、SNMPやWMIと呼ばれる監視用プロトコルを活用したネットワーク監視を実現しています。これらのプロトコルと専用ツールを活用することで、遠隔地のネットワークを手軽に監視することができます。

リモートネットワークの監視を簡単にはじめられるツール

ManageEngineが提供するOpManagerも、SNMPやWMIを活用したネットワーク監視を実現するツールの1つです。エージェントレスでマルチベンダー環境のネットワークを監視できるのが特徴です。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

OpManagerの監視画面(装置スナップショット)

OpManagerの監視画面(装置スナップショット)

関連機能

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

 
チャットで今すぐ
ご質問下さい!
 
チャットを開始
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •