OpManager リリース10.1 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

リリース 10.1 の新機能と機能強化一覧

OpManager リリース 10.1 に新たに追加された機能や、強化した機能を紹介します。 (2013年5月27日リリース)

vCenter Serverに登録された装置のマッピング

vCenter Server に登録された仮想化ホストOSと仮想化ゲストOS一覧[vCenter Server に登録された仮想化ホストOSと仮想化ゲストOS一覧]

vSphere APIを使用し、vCenter Serverに登録された装置をマッピングできます。このマッピング機能により、VMwareの仮想化環境全体を可視化し、最もパフォーマンスの悪い仮想マシンをリアルタイムに識別します。また、vMotion機能の発動も検知します。

【関連する機能】 VMware監視

ハードウェアの性能監視

スナップショット画面のハードウェア監視[スナップショット画面のハードウェア監視]

HP、Dell、Cisco、Juniperの温度、電圧、電力、ファン速度、ストレージ、メモリー、プロセッサー、ディスクアレイの状態など、重要な装置の性能情報を監視し、異常時にアラートとして通知します。時系列表示のレポートからハードウェア性能の傾向を把握でき、最適なリソース配分に活用できます。

【関連する機能】 VMware監視/サーバー監視

3Dラックビュー

3Dラックビュー[3Dラックビュー]

仮想空間上にサーバーラックを設置し、仮想サーバーの構成を3D表示する機能です。グラフィッククオリティの高い監視画面を使ってネットワークを監視できます。この機能は、オプション機能です。

【関連する機能】 3Dラックビュー

IPv6アドレスをサポート

IPv6アドレスのネットワーク装置とサーバーを監視します。IPv6アドレスの範囲を指定する、またはCSVファイルをインポートすることで、装置を検出します。

* その他の新機能については 10.1リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート10.1 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
リーフレット製品紹介リーフレット
プレスリリース2013年5月27日公開のプレスリリース

* アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、 リリース / アップグレード情報をご確認ください。