教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の実践におけるヒント

資料ダウンロードはこちら

2016年6月に佐賀県立高校で起きた情報システムへの不正アクセス事件は記憶に新しいかと思います。教育機関には生徒、両親、教職員の個人情報をはじめ、試験情報や各生徒の家庭状況など、一般企業とは異なる機微な情報も集まっており、セキュリティ対策は急務の課題です。

2017年10月18日、文部科学省は 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン を公開しました。当ガイドラインは、地方公共団体が設置する小学校、中学校、高等学校を主な対象としています(その他対象として、内部部局、教育委員会及等)。

IT運用管理ソフトウェアを低コストで提供するブランド「ManageEngine(マネージエンジン)」では、上記ガイドラインに即した対策を行うためのソリューション/製品を提供しています。

ガイドライン適用支援ソリューション

ManageEngineでは、上記ガイドラインの適用をITサービスマネジメント(ITSM)の観点から支援するソリューションをご紹介しています。

ソリューションの詳細は以下の資料ご参照ください。

文教向けソリューションのご提案資料 >>ダウンロードはこちら

表内で紹介しているManageEngine製品の一覧は、下記です。

その他、ManageEngineへのお問い合わせ/お見積り依頼については、下記をご利用ください。