NetFlow Analyzer ナレッジベース

遅延報告への切り分けと原因特定方法


概要

 

  • 対応バージョン : 12.5~
  • 対応エディション : Professional(Essential)

NetFlow Analyzerは、監視ネットワーク機器から受信するフローデータを参照し
監視ネットワーク機器/インターフェースを通過するパケットの内訳情報をUI上に表示します。

本ナレッジでは、通信の遅延報告に対する切り分け例と
NetFlow Analyzerを用いた通信輻輳(根詰まり)状況の見極め、原因特定方法をご紹介します。

 

目次

 

 

遅延報告への切り分けと原因特定方法

 

前提

登場するのは ①本社の社員PC ②支社の社員PC ③本社のサーバーアプリケーション ④WAN で、エンドポイント①②③のパフォーマンスに問題はありません。
そのうえで本社の社員から遅延報告を受けました。

 

 

原因特定のための切り分けポイント

 

1.どこからどこへの接続が遅いのかを確認

①本社の社員PC から ②支社 ③本社サーバー ④WAN への接続が遅いことをヒアリングしました。
この時点で通信経路の中間にあるネットワーク機器の全インターフェースでの根詰まりが想定できます。

 

2.その他切り分け要素の確認

②支社の社員にヒアリングを実施し、③④への接続は問題の無いこと、一方で①への接続は遅延することを確認しました。
結果的に、通信経路の中間にあるネットワーク機器X/インターフェースAでの根詰まりが想定できます。

 

 

NetFlow Analyzerを利用した原因特定方法

 

1.NetFlow Analyzerで状況の確認

NetFlow Analyzer GUI > インベントリ > 装置 でネットワーク機器Xの監視インターフェースを確認すると、
インターフェースAの送信帯域の使用率が100%、つまり根詰まりの発生を確認しました。

 

2.NetFlow Analyzerで該当インターフェース通信の内訳を確認

インターフェースAをクリック > [会話(通信)]タブをクリック > [送信]ラジオボタンをクリック(※1) > [トラフィック]量が過多な通信の送信元/宛先IPアドレス情報等を確認
※1 NetFlow Analyzerの通信タブでは、受信データをデフォルトで表示します。

 

3.

nslookup コマンドや、IPマッピング機能を使用し、通信元のノード名等を特定

今回の例では、nslookupで特定したノードを利用中の①本社社員が
③サーバー と ④WANから大量のダウンロード通信を発生させていることを確認しました。
該当社員への事実確認の後、作業の時間分散を提案し事象を改善しました。