Password Manager Pro 動作環境

特権ID管理ソフト

Password Manager Pro 動作環境

ハードウェア(最小構成)

CPUDual Core/Core 2 Duo以上
メモリー4GB 以上
ハードディスク10GB 以上(モジュール含む)

注意:Password Manager Pro経由でパスワードを変更する場合には、Microsoft .NET frameworkおよびVisual Studio 2015 C ++再頒布可能パッケージをPassword Manager Proサーバーにインストールする必要があります。

サーバーサイジングの目安

リソース数やユーザー数ごとのサーバーサイジングの目安です。

リソース数/ユーザー数プロセッサメモリーハードディスク
小規模
(1000リソース/500ユーザー以下)
Dual Core/Core 2 Duo以上4 GB10 GB以上
中規模
(5000リソース/1000ユーザー以下)
Quad Core以上8 GB​20 GB以上
大規模
5000リソース/1000ユーザー以上
Octa Core以上16 GB​​​30 GB以上

オペレーティングシステム要件

ビルド9401~ビルド10500
オペレーティングシステム詳細
Windows

Windows Server 2012、2012 R2、2016、2019

※64bit版のみ対応しております。

Windows 10(64 bit)
※クライアントOSはテスト目的でのみ利用可能です。本番環境にはサーバーOSをご利用ください

Linux

検証済みの機種は以下の通りです。
Ubuntu 9.x以降、CentOS 4.4以降、Red Hat Linux 9.0、Red Hat Enterprise Linux 7.x,6.x,5.x

※またVM上にて稼働するLinux OSもサポート対象です。

※LinuxOSに本製品をインストールした場合、Windows OSのパスワード変更にはエージェントが必要です。

※RHEL7ではOS再起動時にPassword Manager Proが自動停止/起動しないため、手動で停止/起動する必要があります。

※64bit版のみ対応しております。

ビルド8702~ビルド9101
オペレーティングシステム詳細
WindowsWindows Server 2008 32bit、2008 R2、2012、2012 R2、2016
Linux

Redhat Linux 5,6,7、CentOS5,6,7、SuSE Linux

※LinuxOSに本製品をインストールした場合、Windows OSのパスワード変更にはエージェントが必要です。

※RHEL7ではOS再起動時にPassword Manager Proが自動停止/起動しないため、手動で停止/起動する必要があります。

ビルド8402~ビルド8603
オペレーティングシステム詳細
WindowsWindows Server 2008 32bit、2008 R2、2012、2012 R2
LinuxRedhat Linux 5,6、CentOS5,6、SuSE Linux (*)LinuxOSに本製品をインストールした場合、Windows OSのパスワード変更にはエージェントが必要です。

※Password Manager Pro用にRDS CALを購入する必要はありません。

 

Webブラウザー要件

ビルド9600~ビルド10500
ブラウザー名詳細
Microsoft Edge(CA証明書が必要)
Firefox45以上
Google Chrome49以上(61ではCA証明書が必要)
ビルド8500~ビルド9401
ブラウザー名詳細
Internet Explorer11以上(CA証明書が必要)
Firefox45以上
Google Chrome49以上(61ではCA証明書が必要)
ビルド8402
ブラウザー名詳細
Internet Explorer11以上(CA証明書が必要)
Firefox3以上
Google ChromeR6以上(61ではCA証明書が必要)

サポート対象リソース

Password Manager Proを使用しリモートからパスワードリセット(パスワードの変更)が可能です。 パスワードをリセットする場合は、以下の2通りあります。■PMPエージェントをリモート装置に配置する※管理対象リソースがファイアウォール越しに存在する場合やアクセス制限がある場合は、エージェントを使用したパスワードのリセットが可能です。■エージェントを使用せずアカウント/パスワードでリモートリソースへアクセスを行いパスワードをリセット

リソースタイプパスワード
リセット

サポート
自動ログオン
サポート
セッション記録
サポート
解説
AWS(Amazon) IAM----AWS SDKを使用しAWS IAMユーザーアカウントのパスワードリセットを行います
NW機器TELNET/SSHenableパスワードを使用しパスワードリセットを行います。対応機器に関しては、こちらをご覧ください。
File Store/Key Store/License Store------

様々なファイルをPassword Manager Proのレポジトリに、パスワードと共に安全に保管することができます。 ライセンスキー、証明書、文書などを保管する際には、以下のいずれかのリソース種別を選択してください。既定の設定では、PMPは以下のファイル保管をサポートします

 

証明書ストア(Key Store):秘密鍵/公開鍵、デジタル証明書、デジタル署名ファイルを保管します。

ライセンスキー ストア(License Store):様々なソフトウェアのライセンスキーを保管します。

ファイル ストア(File Store):様々なデジタルコンテンツ(文書、画像、実行ファイルなど)を保管します。

必要に応じ、新しいリソース種別を追加することができます。 上記のリソースは他のリソースと同じ方法で管理・共有されます。 取得の際、そのファイルへのリンクはローカル ディスクに保存されます。

Google Apps----Google Data APIを使用しユーザーアカウントのパスワードリセットを行います
HP UNIX/IBM AIX/Mac/SolarisTELNET/SSH特権IDを使用しパスワードリセットを行います。
LinuxTELNET/SSH特権IDを使用しパスワードリセットを行います。 エージェントの利用も可能です。
IBM AS400--TELNET/SSHパスワードリセットには対応していません。特権IDを共有する際にアカウントを登録します。
LDAP Server----LDAPサーバーのパスワード リセットを実行する場合、管理者権限が必要です。 従って、管理者アカウントを指定する必要があります。 Password Manager Proは Microsoft Active Directory, OpenLDAP, Oracle Internet Directory, Novell eDirectory のリモート パスワード リセットをサポートします。
Microsoft Azure----Powershellを使用しMicrosoft Azureアカウントのパスワードリセットを行います。 自動ログオンによる接続は、Azureで動作しているOSに依存します。 メモ:Powershell 2.0以上を搭載したMicrosoft Azureのみをサポートします。
MS SQL ServerDBコンソール
※ビルド8402よりサポート
MS SQL ServerのパスワードリセットはJDBC経由で行います。
PostgreSQLDBコンソール
※ビルド8402よりサポート
PostgreSQL ServerのパスワードリセットはJDBC経由で行います。
MySQL ServerDBコンソール
※ビルド8402よりサポート
MySQLサーバーのパスワードリセットはJDBC経由で行います。
Oracle DB ServerDBコンソール
※ビルド8402よりサポート
特権IDを使用しパスワードリセットを行います。
Rackspace----Rackspace REST APIを使用しパスワードリセットを行います。
Salesforce----Salesforce APIを使用しユーザーアカウントのパスワードリセットを行います
Sybase ASE----jConnect 6.0 JDBC driverを使用しパスワードのリセットを行います。 パスワードリセットを行うためには jConnect 6.0 JDBC driver が必須です。
VMware ESXiTELNET/SSH特権ID(root権限)を使用しパスワードリセットを行います。
Web Site Accounts--ブラウザー拡張機能--パスワードリセットには対応していません。特権IDを共有する際にアカウントを登録します。
Windows/WindowsDomainRemote Desktop
VNC
特権ID(Administratorsグループ)を使用しパスワードリセットを行います(Linuxに本製品をインストールした場合には、エージェントが必要です)。 エージェントの利用も可能です。

注意事項

※ 既知の問題で、「記録済みセッションデータを保存できない」問題があります。 詳しくは、こちらのリンクをご確認ください
※VMwareやHyper-Vなどの仮想化環境上でも、上記対応OS上であれば運用可能ですが、性能に関しては、必ず、評価版を利用して製品性能を十分に検証して、お客様の性能要件を満足するかどうか確認してください。