ServiceDesk Plusとは

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

ServiceDesk Plusとは

ManageEngine ServiceDesk Plus(マネージエンジン サービスデスクプラス)は、インシデント管理、サービス要求管理、問題管理、変更管理、CMDB(構成管理データベース)、ナレッジベース構築、レポート作成機能を備えたITIL準拠のITサービスマネジメントツールです。

ServiceDesk Plus は自社環境にインストールする「オンプレミス版」と「クラウド版」をご用意しています。国内大手企業をはじめ全世界で100,000社以上の導入実績を誇ります。

10万社が実感した導入効果

【工数削減&SLA向上】
ITILに準拠したツールの導入で業務が標準化され、対応プロセスの属人化が解消し、作業品質が均一化できます。
【投資効果を把握】
それまで担当者が個別に電話やメールで対応していたすべての情報をサービスデスクに集約することで、IT部門全体の状況が見渡せるようになります
【生産性の向上】
業務状況の可視化により、課題の把握が容易になり、ITサービスの分析や改善アクションの検討ができるようになります。

ServiceDesk Plusを選ぶ理由

特長1ITIL準拠の管理プロセスに対応

インシデント管理をはじめ、主要なITIL運用管理プロセスに対応する機能により、運用業務の標準化、自動化をサポート。

特長2直感的に使いやすいUI

必要な機能とツールを装備しているため容易に導入でき、Webベースのユーザーインターフェースで操作が簡単です。手頃に運用できます。

特長3低コストで導入可能

年間ライセンスは保守サポート込みで48.5万円から。導入時のコストをおさえ、スモールスタート、クイックウィンを実現します。

特長4グローバル対応

30言語以上の表示に対応。共通の画面で利用者ごとに画面の言語を切り替えて利用可能。

特長5オンプレミス&クラウド版

サーバーにインストールして利用するソフトウェア版と、いつでもどこでも利用可能でサーバー不要なクラウド版をご用意。


> オンプレミス/クラウド比較

3つのEdition

お客様の利用環境に合わせ、装備機能の異なる3つのEdition、オンプレミス版とクラウド版の2つのサービス提供形態、2つのライセンス体系から最適なソリューションをお選びいただけます。

StandardProfessionalEnterprise
インシデント管理、ナレッジ管理、レポート機能が利用できるヘルプデスクインシデント管理とIT資産管理を連動したヘルプデスク運用に最適です。ServiceDesk PlusのすべてのEditionが利用でき、ITILに準拠したサービスデスクの構築が可能です。

> Editionと価格

サービスインまでのステップ

30日間無料でお試しいただける評価版をご利用ください。

まずは資料をご覧いただき、ServiceDesk Plus特長、機能をご確認ください。

各Editionを対象とした製品説明やハンズオンセミナーを開催しています。

オンプレミス版とクラウド版ともに評価版を提供しています。

(5)社内での決裁取得

(6) 発注・納品

(7) 構築

(8) サービスイン

※このステップは一例です。自社で導入構築を実施する場合と、導入構築まで委託する場合で異なります。詳しくはITサービスマネジメントツール導入までの流れをご確認ください。

関連情報

  >  製品TOP
  >  機能
  >  Editionと価格
  >  評価版
  >  導入事例
  >  サポート
  >  セミナー
  >  FAQ
  >  ドキュメント