IT資産管理を今日からはじめられる簡単ツール2選

IT資産管理(ITAM)とは?

IT資産管理(ITAM : IT Asset Management)とは、IT管理部門・IT管理者が、組織内に接続しているすべてのIT資産の目録やステータスを把握し、監視・管理することで、IT資産の適切な活用を促したり、無駄な投資を防いだりする取り組みです。

IT資産とは…
  • ハードウェア…クライアントPC/サーバー/ネットワーク機器/モバイルデバイスなど
  • ソフトウェア…OS(オペレーションシステム)/ライセンス付きソフトウェアなど
  • 周辺機器…プリンター/スキャナー/複合機/デジタルカメラなど
  • 記憶媒体…USBフラッシュメモリ/SDカードなど

IT資産管理は、これらの機器のすべてに対し、インベントリ作成と更新・ステータス管理・レポート作成を行います。

  • インベントリ作成・更新…IT資産の種類・数を記した台帳の作成
  • ステータス管理…個別のIT資産の使用状況(使用・未使用)/故障/廃棄の把握
  • レポート作成…IT資産に対し、最新の状況を記したレポートの作成

IT資産管理を実施する目的とは?導入しないことで発生するリスク

IT資産管理を適切に行うことで、以下のような目的を達成することが可能です。

    • Service catalogue business units

      ビジネスへのマイナスインパクト(事業影響度)を低減
      • 資産の使用状況の最適化
      • 老朽化したハードウェアがITサービスに及ぼす悪影響の可視化
      • 効果的な購買決定、正確な予算の策定(コストカット)/保守コストの削減
      • インシデント、問題、または変更を起こしている資産と、影響度の把握
    • Business unit manager

      セキュリティリスクの低減
      • 脆弱性、または悪意あるソフトウェアのインストールを可視化、または禁止制御
      • ウイルス対策ソフトウェア、セキュリティパッチのインストール漏れへの対応
      • 紛失・盗難されたハードウェアおよびソフトウェアアプリケーションの特定、制御(コントロール)
    • Enterprise service management

      コンプライアンス違反の回避
      • 定期/不定期的に実施される監査への対応
      • ライセンス違反(ライセンス数以上のソフトウェアをインストールしている、など)の発見、即時対応

上記のことから、IT資産管理は、事業を滞りなく効果的に運営していく上でとても重要だということが言えます。

一方で網羅すべき管理項目が多岐にわたり、常に情報を最新のものに保つ必要があるため、すべてを手動で管理するのは現実的ではありません。当然、IT資産管理システムを自分たちで開発するのも同様です。そこで現代では、多くの管理者がツールを導入することで管理を効率化しています。中でも、簡単にはじめることができるのがパッケージのソフトウェアです。

ManageEngineでは、IT資産を管理する上で必要となる様々な機能を、必要に応じて提供できる製品をご用意しております。ぜひ用途に合わせた導入をご検討ください。

IT資産管理を今日からはじめられる簡単ツール

IT資産の棚卸作業をエクセルシート(表計算シート)などに手で入力して管理していると、上記リスクにプラスして人的ミス/更新漏れが多発します。

そのため、IT資産管理を自動化できるツールを導入するのがよいといえます。

広い意味での資産管理に対応「ServiceDesk Plus」

ManageEngineが提供するITサービスマネジメントツール「ServiceDesk Plus」には、「資産管理機能」が備わっています。下記のようなニーズをお持ちの方は、「ServiceDesk Plus」の機能が役立ちます。

ServiceDesk Plusの「資産」タブには、あらゆる資産情報を登録できます。パソコンなどのエンドポイントを人事情報と紐づけて管理できる他、スイッチ、ルーター、プリンターなどのネットワーク上に存在する機器や、ITとは関係のない資産情報(プリンターのインクやミーティングルームの椅子など)も管理可能です。

参考例
IT資産
ICMP Pingとスキャンが可能な IPアドレスが付与された資産
パソコン、スイッチ、ルーター、プリンターなど
非IT資産管理
特定のIPアドレスを持たず、スキャンできない資産
電話、プロジェクター、テーブル、ミーティングルームの椅子
コンポーネント
IT資産とともに機能する資産
外部モニター、キーボード、マウスなど
消耗品
IT資産が適切に機能するために 必要不可欠な資産
プリンター用紙とトナー、イーサネットケーブルなど
Online documentation

ITサービスデスクの品質向上とコスト削減を実現する「ServiceDesk Plus」ご紹介資料

RLC video tutorial

IT資産管理を効率化するServiceDesk Plusの15の使い方

リモートコントロールやソフトウェア資産管理に特化「Desktop Central」

ManageEngineが提供するクライアント管理ソフト「Desktop Central」は、社員が利用するパソコンやモバイル端末など、リモートコントロールやソフトウェアの展開/パッチ配布に特化したツールです。下記のようなニーズのお持ちの方は、「Desktop Central」の機能が役立ちます。

Windows/Mac/Linuxといった複数のOSを一元管理できます。制御下にある端末に対してリモート操作を行うことで、トラブルシューティングを迅速化できます。

ITIL®構成管理-構成アイテムとの紐づけ

幅広いOSに対応する統合エンドポイント管理 Desktop Central 概要資料

製品間の連携機能がオススメ

ServiceDesk Plusには、Desktop Centralとの連携機能が備わっています。両製品の連携設定を行うことで、下記のようなメリットがあります。

エンドポイント管理をサービスデスク部門で実施

  • 「新入社員のパソコンにオフィスソフトをインストールしてほしい」
  • 「XXというソフトウェアが危険なので検出してアンインストールしてほしい」

といったチケットベースの要求に、ServiceDesk Plusの画面からDesktop Centralの機能を通じて対応できます。

問い合わせ対応の詳細情報はServiceDesk Plusの履歴として残せるので、他メンバーとの情報共有やナレッジの蓄積にも役立ちます。

モバイルデバイス管理をサービスデスク部門で実施

  • 「XXというモバイルアプリが危険なので、アクセス制限をしてください」
  • 「モバイル端末を紛失しました、デバイスをロックしてください」

といったチケットベースの要求に、ServiceDesk Plusの画面からDesktop Centralの機能を通じて対応できます。

エンドポイントやモバイルデバイスの効率的かつセキュアな管理は、IT部門にとって喫緊の課題です。一方、ユーザー部門とIT部門が分離していると、上手くリクエストを伝達できなかったり、対処に時間がかかったりすることも事実です。ユーザー部門とIT部門をつなぐ架け橋となるサービスデスク部門に、エンドポイントやモバイルデバイスの管理機能も付属させることで、より迅速な要求受付、チケットの割当/対処が可能となります。

Desktop Central‐ServiceDesk Plus 連携 概要説明資料

「ServiceDesk Plus」/「Desktop Central」機能対応表

 ServiceDesk PlusDesktop Central
IT資産管理
非IT資産管理、コンポーネント管理、消耗品管理×
構成管理(CMDB)×
ソフトウェア管理
ライセンス管理
ソフトウェア配布×
サービスパックのインストール×
パッチ管理・パッチ配布×
デバイス管理・USBデバイス管理×
モバイルデバイス管理(MDM)×
リモートコントロール(リモート制御)×
ITIL®プロセスとの連携
(インシデント管理、問題管理、変更管理、ナレッジ管理)
×