Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

配信サーバーについて


配信サーバー

配信サーバーの概要
必要要件
インストール方法

配信サーバーの概要

Desktop Centralの配信サーバーは、管理対象の総数が多い場合(管理対象1000台超が目安)や、WANを経由する必要があるリモート拠点において管理対象PCが一定台数(管理対象10台超が目安)場合に設置が推奨されます。配信サーバーは、Desktop Centralサーバーにエージェントのアクセスが集中するのを防止し、またはWANの帯域幅の消費を抑えるために設置され、Desktop Centralサーバーが持つファイルの一部を複製してエージェントに配布します。
所属するリモートオフィスのコンピューターに対して、配信サーバーは主に以下の動作を中継します。

  • Desktop Centralエージェントを対象コンピューターに配布する
  • Desktop Centralサーバーのパッチリポジトリを複製してエージェントに配布する
  • Desktop Centralサーバーのソフトウェアリポジトリを複製してエージェントに配布する
  • Desktop Centralエージェントへ適用する「構成」を適用する
  • Desktop Central OS配布機能のコンポーネントをインストールし、OSイメージを複製して配布する

※配信サーバーは中継サーバーではないため、インベントリ管理やリモートコントロール等の通信を中継しません。

 


配信サーバーの必要要件


以下のリンクを参照ください。なお、配信サーバーは、固定IPアドレスを持つ必要があります。

※配信サーバーの設置には、追加ライセンスは必要ありません(配信サーバーはライセンスの課金対象にはなりません)。

 


配信サーバーの設置手順

配信サーバーを設置するには、「リモートオフィス」を設定します。配信サーバーを設置する場合、配信サーバーの管理する範囲が「リモートオフィス」となります。
Desktop Centralサーバーと同一拠点内に配信サーバーを設置する場合でもリモートオフィスを設定する必要があります。

配信サーバーのインストール方法は (α) 手動インストール(β) 自動インストール があります。手動インストールはインストールの失敗が少ないため、基本的に(α)を選択します。

(α) 配信サーバーを手動インストール


以下の手順にしたがいます。なお、詳細はリモートオフィスの追加手順も合わせてご覧ください。

  1. 管理タブ > SoM設定 >管理対象 > リモートオフィス タブを選択し、既存のリモートオフィスに対して「エージェントのダウンロード」カラム > 「WANエージェント+配信サーバーをダウンロード」アイコンをクリックします。
  2. 配信サーバーをインストールするコンピューターで、ダウンロードしたzipファイルを展開します。
  3. 管理者権限でコマンドプロンプトを実行し、解凍したzipフォルダー内のdssetupフォルダーに移動してコマンドsetup.batを実行します。
  4. 配信サーバーのみをインストールする場合は1を、配信サーバーとエージェントをまとめてインストールする場合は3を選択します(エージェントをまとめてインストールする場合は、先にリモートオフィスの追加においてにコンピューターを選択するか、展開したフォルダーのcomputernames.txtファイルを編集し、コンピューター名を改行区切りで入力しておく必要があります)。
(β) 配信サーバーを自動インストール


リモートオフィスの追加と同時に配信サーバーをインストールします。方法は既存のリモートオフィスに対して配信サーバー(DS)をインストールする / リモートオフィスを新規作成して配信サーバーをインストールする方法があります。

配信サーバーの自動インストールには、前提条件を満たす必要があります。条件を満たすのが難しい場合や、自動インストールが失敗する場合は、(α) 配信サーバーを手動インストール を選択します。

  • 配信サーバーをインストールするコンピューターに対し、ホスト名でDesktop Centralサーバーからアクセス可能なこと(名前解決が可能 かつ アクセス可能なこと)
  • エージェントのプッシュインストール(Windowsエージェントのインストール方法 > (A) Desktop Centralコンソール画面からのプッシュインストール)と同様のポートを開放すること
  • 既存のリモートオフィス:管理タブ > SoM設定 >管理対象 > リモートオフィス タブを選択し、既存のリモートオフィスに対して「アクション」カラム > DSのインストール を選択します(「WANエージェントを自動的にインストールする」 チェックボックスにチェックが入っている必要があります。詳細はリモートオフィスの追加手順をご覧ください)。
  • 新規のリモートオフィス:管理タブ > SoM設定 >管理対象 > リモートオフィス > リモートオフィスの追加 > リモートオフィスエージェントのインストール において、リモートオフィスで管理されているコンピューターへの管理者権限を持つユーザー情報を入力し、「WANエージェントを自動的にインストールする」 チェックボックスにチェックを入れます。詳細はリモートオフィスの追加手順をご覧ください。