Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

【修正済】禁止ソフトウェアの除外登録における問題


本記事では、禁止ソフトウェアを設定する際に、禁止ソフトウェアの使用を許可する除外PC/除外グループを登録しようとする際に発生する既知の不具合について記載しています。

【確認ビルド】

10.0.519以降

【事象】

インベントリタブ > アプリケーション制御 > 禁止ソフトウェア > [+ 除外設定] を開き、除外グループまたは除外PCを登録しようとする際に、設定内容を保存できません。
(除外登録は、禁止ソフトウェアの使用を認めるPCまたはグループを設定する機能です。除外登録されたPCにおいては、禁止ソフトウェアを使用しても警告メッセージが表示されません。除外登録できない場合、禁止ソフトウェアに指定したアプリケーションがインストールされているとかならず警告メッセージが表示されます。)

【回避策】

日本国内においてリリースされている最新のビルド(EOL表に記載のうち最新のもの)へアップグレードします。

【修正予定ビルド】

10.0.570以降