ADSelfService Plus ナレッジベース

ユーザー登録の方法と設定手順


ユーザー登録をせずにパスワードリセット、アカウントロック解除を行うと以下のエラーが表示されます。

ADSelfService Plusでセルフサービスを利用する場合は、最初にユーザー登録を行うことで利用できるようになります。

ユーザー登録とはユーザーがADSelfService Plusにログインを行い、本人確認情報を入力する事を指します。

ADSelfService Plusではユーザーにユーザー登録を行っていただくために、以下の4つの機能をご用意しております。

1.ログオンスクリプトで強制登録

2.Eメール/プッシュ通知で登録依頼通知

3.CSVから登録情報をインポート

4.外部データベースから登録情報をインポート

 

これらは「設定」>「管理ツール」>「クイック登録」より設定が可能です

以下詳細な設定手順になります。

 

1.ログオンスクリプトで強制登録

「ログオンスクリプトで強制登録」を設定していただくと、

未登録ユーザーを検索して、ユーザーがネットワークにログインする度に登録を促すログオンスクリプトを設定します。

[設定手順]

  1. スケジュール名を入力
  2. ポリシーを選択
  3. 指定した期間を設定

2.Eメール/プッシュ通知で登録依頼通知

ADSelfService Plus パスワードセルフサービスへの登録を促すEメール/プッシュ通知を送信します。
※こちら利用する場合は事前にメールサーバーの設定が必要になります。

[設定手順]

  1. 送信先のドメインを選択
  2. 通知タイプを選択

こちらの機能は送信先の「OUの追加」より、OU単位での送信も可能です。

3.CSVから登録情報をインポート

ユーザーデータをインポートして、ADSelfService Plus への登録を自動でおこないます。

  1. 登録するドメインを選択
  2. インポートより、CSVファイルでインポートする値を選択
  3. 質問を選択

インポートする値は、質問、回答、携帯電話番号、メールアドレス、Duoセキュリティから選択できます。

複数選択することも可能です。

選択した値をCSVに記述する形になります。

今回の記入例はインポートの値を回答のみにチェックしたものになります。

 

記入例:

sAMAccountName,answer
John,Football
Martin,Blue

 

sAMAccountNameでユーザーのログイン名を入力し、

answerで質問に対する答えを入力します。

 

合わせて以下ナレッジもご参照ください。

「CSVのインポートでユーザー登録を完了する手順」

https://www.manageengine.jp/support/kb/ADSelfService_Plus/?p=165

 

4.外部データベースから登録情報をインポート

データソースに接続し、ADSelfService Plus のユーザーの登録データを再利用します。

 

[設定手順]

  1. 接続名を入力
  2. DBサーバーを選択
  3. ホスト名\IPアドレスを入力
  4. ポートを入力
  5. DB名
  6. ユーザー名を入力

 


ADSelfService Plusにログインしたことがあるが、登録したことのないユーザーは未登録ユーザーとしてレポートで確認ができますのでADSelfService Plusに登録させたいユーザーがいましたらご参考までにレポート機能お使いください。

登録ユーザーとライセンスユーザーの違いについて:
https://www.manageengine.jp/support/kb/ADSelfService_Plus/?p=968