Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

セキュアゲートウェイサーバーのアップグレード方法


この記事では、セキュアゲートウェイサーバーをアップグレードする方法について説明しています。

セキュアゲートウェイサーバーのアップグレード方法

セキュアゲートウェイサーバーの目的や導入方法、手順については、こちらをご覧ください。


セキュアゲートウェイサーバーのビルド番号の確認方法

以下の手順でセキュアゲートウェイサーバーのビルド番号を確認可能です。

  1. セキュアゲートウェイサーバーがインストールされたコンピューターにログインし、スタートメニュー > ManageEngine Secure Gateway Serverフォルダーを開きます。
  2. Aboutをクリックして実行します。
  3. 「バージョン情報」ボックスが表示されます。タイトル「Secure Gateway Server」の下に表示されている数字がビルド番号です。
セキュアゲートウェイサーバーの最新ビルドは、9.0.084です。
 
セキュアゲートウェイサーバー(旧称:フォーワーディングサーバー)ビルド9.0.056以降をご利用の場合は、hotfixをダウンロードし、以下のアップグレード手順を実行します。なお、セキュアゲートウェイサーバー9.0.084はDesktop Central 10.0.391以上のビルドに対応しています。

 


セキュアゲートウェイサーバーのリリースノート
セキュアゲートウェイサーバー ビルド9.0.080以降9.0.084までのリリースノート
  • 不具合修正
    • WebUIへのアクセスを無効にした場合でもWebUIにアクセスできてしまう問題を修正。
    • Websocketポートを読み込まないUIの問題を修正。
    • dllファイルの欠落によるサーバーの起動の不具合に関する問題を修正。
    • その他の不具合を修正。

 


セキュアゲートウェイサーバーのアップグレード方法
前提条件
  • セキュアゲートウェイサーバーのアップグレードは、セキュアゲートウェイサーバーの新しいビルドがリリースされた際に実行します。Desktop Centralサーバーのアップグレード時に実施する必要はありません
  • セキュアゲートウェイサーバーをアップグレードする際は、Desktop Centralサーバーが稼働中である必要があります。
  • この手順はDesktop Centralビルド10.0.391以降においてのみ有効です。
インストール手順

セキュアゲートウェイサーバーをアップグレードする手順は以下の通りです。

  1. セキュアゲートウェイサーバーがインストールされたコンピューターにデフォルトの管理者としてログインし、スタート > ファイル名を指定して実行 > Services.msc > Secure Gatweway Server サービスを停止します。
  2. アップグレードプロセス中のデータ損失を回避するために、Desktop Central Secure Gateway Serverインストールフォルダー(C:\Program Files (x86)\ManageEngine\DesktopCentralForwarding_Server など)のバックアップを取ります。
  3. セキュアゲートウェイサーバーが、サードパーティ製ツールやスクリプト等によって監視されている場合は、アップグレードプロセスが完了するまで、監視サービスを無効にします。
  4. こちらにアクセスし、[Download Hotfix]をクリックして最新の.ppmファイルをダウンロードします。
  5. < セキュアゲートウェイサーバーインストールフォルダー >/bin にある UpdateManager.bat ファイルを実行します。
  6. [参照]をクリックして、ダウンロードした.ppmファイルを選択します。
  7. [インストール]をクリックして、修正プログラムをインストールします。(移行するデータの量によっては、数分かかる場合があります)
  8. 修正プログラムが完全にインストールされるまで待ちます。
  9. インストール完了後、スタート > ファイル名を指定して実行 > Services.msc から Secure Gatweway Server サービスを開始します。

以上で、セキュアゲートウェイサーバーのアップグレードが完了します。