Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

エージェントのアンインストール/PCの削除 の違い


質問

管理タブ > SoM設定 > 管理対象 > PC において、Desktop Centralで管理中のPCを管理対象から除外する場合、「エージェント操作:[アンインストール] 」と「PCの削除」があります。
これらの違いは何でしょうか。

回答

エージェントアンインストール / PCの削除 それぞれについて、以下の動作となります。

  • エージェントアンインストール: 指定したPCからエージェントをアンインストールします。ただし、Desktop Central内のDBから管理対象PCの情報は削除しません。そのため、管理タブ > SoM > 管理対象 > PC において、エージェントアンインストールをしたPCは、ステータスが「エージェントアンインストール成功」として表示されます。(エージェントがインストールされていないため、管理することはできません)
  • PCの削除: 指定したPCからエージェントをアンインストールし、Desktop Central内のDBから管理対象PCの情報を削除します。指定したPCを管理対象から外し、今後管理対象に戻す予定がない場合はこちらを実行します。
管理タブ > SoM設定 > 管理対象 > PC から エージェント操作: [アンインストール]および[PCの削除]をクリックした場合、エージェントアンインストールの挙動が異なります。

  • エージェントアンインストール: 指定したエージェントと通信が可能な場合、即時アンインストールが実行されます。
  • PCの削除: 次のリフレッシュサイクルの際にアンインストールが実行されます。

管理タブ > SoM設定 > 管理対象 > [PCの追加] をクリックして実行するエージェントインストールにおいて、エージェントインストールを完了させたい場合は [エージェントをインストール] を、PC名の登録のみしておく場合は[SoMに追加]をクリックします。