Firewall Analyzer ナレッジベース

スケジュール(カスタム)レポート時のファイル生成仕様について


対象

ver12以降

概要

スケジュール(カスタム)レポートが作成される際の製品仕様について、以下に記載いたします。

仕様について

スケジュールレポートを作成後、指定した時刻になると対象のレポートが生成されます。

作成されたレポートは、[レポート] > [カスタムレポート] > [レポートプロファイル]画面上の
[前回作成したレポート]リンクをクリックすることで、レポートファイルがダウンロードされます。

また、
最新のレポートファイルは、インストールフォルダ[OpManager/server/reports/]配下に保管されます。
(※過去に生成されたレポートファイルは上書きされます)

その際、フォルダ名は、301、901、1801のような名前として生成されます。

Firewall Analyzer(以下、FWA)の仕様として、
レポートプロファイルが作成される際に、レポートID(1,2,3...)が付与され、上記のインストールフォルダ配下にフォルダ名として生成されます。

FWAの再起動に伴い、こちらのレポートIDは300毎追加されます。
そのため、1度FWAを再起動した後に、スケジュールレポートプロファイルを作成すると、レポートID"301"が付与され、フォルダが生成されます。

上記フォルダには、最新のレポートファイルのみ保管されるため、
スケジュールにより作成されたレポート全てを、インストールフォルダ内に保管する場合には、
こちらのナレッジをご参照の上、設定を実施してください。