ADManager Plus ナレッジベース

サービスパックのインストール手順(アップグレード方法)


ADManager Plus のサービスパックのインストールによる、アップグレードの手順は次の通りです。

複数のサービスパックの適用について

一度に複数のサービスパックの適用はできません。複数のサービスパックを適用する場合は、次のように1つずつ適用してください。

  1. アプリケーションの停止 -> サービスパック①の適用 -> アプリケーションの起動&アップグレードを確認
  2. アプリケーションの停止 -> サービスパック②の適用 -> アプリケーションの起動&アップグレードを確認

例)<ビルド6500-6570 から ビルド7020 へアップグレードする場合>
1. "サービスパック (6500_6570から6600へ)" を適用
2. "サービスパック (6600_6660から7000へ)" を適用

3. "サービスパック (7000_7011から7020へ)"を適用

検証環境でのアップグレードテスト

本番環境でアップグレードを実行する前に、以下の点からテスト環境で検証していただくことを推奨いたします。

  • 重要なデータの損失の防止
  • アップグレード後の稼働環境の確認

バックアップの取得方法

アップグレードによる障害を防止するため、アップグレード前に必ずバックアップファイルをご取得ください。データのバックアップはアプリケーション内にあるデータの容量に依存します。 故意にアップグレードプロセスを切断しないようお願いいたします。

1.ADManager Plus をシャットダウン

■ アプリケーションとして起動している場合
スタート -> すべてのプログラム -> ADManager Plus -> 「ADManager Plus を停止する」

■ Windowsサービスとして起動している場合
スタート -> "プログラムとファイルの検索"に「services.msc」を入力 -> ManageEngine ADManager Plus -> 「サービスの停止」

2.[ADManager Plus インストールディレクトリ]\bin フォルダにある、「stopDB.bat」を実行(万が一プロセスが残っていないよう停止するために実行します)

cmd>stopDB.bat

3.[ADManager Plus インストールディレクトリ]の「ADManager Plus」フォルダをコピーしてZIPに圧縮する

4.ZIPファイルをインストールディレクトリ以外のフォルダへ退避する

ZIPファイルは、アップグレード後しばらく状況を見て、正常に稼働していることを確認後、削除してください。
  • 他のバックアップ方法につきましては、下記ナレッジをご参照ください。

ADManager Plus のバックアップとリストア

サービスパックの適用方法

Windows 7 / Vista / 2008 / 2008 R2 の場合で「ユーザーアカウント制御」が有効になっている場合は、コマンドプロンプトを開く際に、「管理者として実行」を選択して開いてください。またインストール中はコマンドプロンプトは閉じないでください。
  1. ADManager Plusをシャットダウン

※上記バックアップ手順で既に停止している場合は不要です。

  1. [ADManager Plusインストールディレクトリ]\bin ディレクトリ配下の「UpdateManager.bat」を実行してUpdateManagerを起動

cmd>UpdateManager.bat

  1. [Browse]をクリック後、ダウンロードしたアップグレードパック(.ppm)を選択して、[Install] をクリック

※アップグレードパック名はアップグレード対象毎にファイル名が異なります。

  1. Service Pack installed successfully”と表示されるのを確認して[Close]をクリック
  2. [Exit]をクリックしてUpdateManagerを終了
  3. ADManager Plus を起動
  4. 管理者アカウントでADManager Plus にログイン
  5. ログインページの右上にある「ライセンス」リンクをクリック
  6. ビルド番号が正しく表示されていることを確認
アップグレード後、UIが適切に表示されない場合は、ブラウザのキャッシュクリアをお試しください。

  • 各バージョンのサポート期限については、次のページを参照ください。

ADManger Plus サポート情報

  • 現在利用している製品のバージョンを確認する手順は、次のページを参照ください。

ビルド番号の確認方法