Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

カスタムグループの作成


この記事では、Desktop Centralのカスタムグループ機能を用いて、管理対象のコンピューター/ユーザーをグループ化する手順を記載しています。なお、モバイルデバイスのグループを作成する場合は、グループの作成(MDM)をご覧ください。

カスタムグループ機能(PC)

カスタムグループ機能では、管理対象のコンピューターやユーザー(ローカルユーザー/ドメインユーザー)をグループ化して管理できます。


前提条件

カスタムグループを作成/編集するには、以下のいずれか権限を持つDesktop Centralユーザーである必要があります(Desktop Central 10.0.598以降)。

  • Administrator権限をもつDesktop Centralユーザー
  • いずれかの配布に関する権限を持つTechnician権限を持つユーザー(Technician権限を持つユーザーの場合、コンピューターを含むカスタムグループのみ作成可能です)

また、一つのカスタムグループに異なる複数のドメイン/ワークグループに所属するコンピューター/ユーザーを含めることができます(Desktop Central 10.0.519以降)。

カスタムグループは、主に以下の目的で使用します。

  • パッチ配布、ソフトウェア配布、各種構成を適用する対象として選択する(配布する内容によって、コンピューターグループのみまたはユーザーグループのみを指定可能な場合があります)
  • Desktop Centralユーザーごとの管理対象範囲を制限する(コンピューターユニークグループ)
  • など

 


カスタムグループの種類

カスタムグループには以下の3種類があります。

  • 静的グループ(ユーザー/コンピューター):
    コンピューター/ユーザーを手動追加/削除することでグループを作成します。
  • ユニークグループ(コンピューターのみ):
    グループ作成方法は静的グループと同様ですが、本グループに所属するコンピューター一意なものであるため、他のユニークグループに所属させることができません。
  • 動的グループ(コンピューターのみ):
    条件を指定し、指定した条件のコンピューターを動的にグループに所属させることができます(以下スクリーンショットを参照)
    なお、テストグループの設定や一部レポートにおけるフィルタリングなどの条件では、動的カスタムグループを選択できません。

 


カスタムグループの作成手順
  1. 管理タブ > グローバル設定 > カスタムグループ > 「新しいグループの作成」ボタンをクリックし、コンピューター または ユーザー を選択します。
  2. 任意のグループ名を入力します。
    グループ名には、「%/:;?*\'|&#"」を使用できません。またグループ名は100文字以内(半角全角問わず)である必要があります。
  3. カテゴリ: 作成するグループの種類を 静的 / ユニーク / 動的 から選択します。
  4. 静的グループ / ユニークグループ を作成する場合、以下3つの方法からコンピューターを選択/追加します(ユーザーに関するカスタムグループの場合は、静的グループのみ選択可能です)。
    • 「ツリー」タブより、表示されるドメインツリーからコンピューターを選択します。画面中央のボタン(スクリーンショット赤枠)をクリックし、「利用できるPC」のウインドウから「追加されたPC」のウインドウにコンピューターを追加します。
    • 「一覧」タブより検索機能を用いてコンピューターを選択します。
    • CSVファイルからコンピューターをインポートします。

      (例)Computer Name,Domain Name
      PC01,CompanyADomain
      PC02,CompanyBDomain

     
    動的グループを作成する場合は、カラム、基準、値を以下のように指定します。

  5. [保存]をクリックします。

以上でグループを作成できます。

 


カスタムグループの共有設定

カスタムグループの共有設定を有効化することで、Technicianロールのユーザーは、Administratorロールが作成したカスタムグループについて閲覧・利用が可能になります。

  1. 管理タブ > グローバル設定 > カスタムグループ > 設定 を開きます。
  2. 共有を有効化する場合は、共有を有効化にチェックを入れます。無効化する場合はチェックを外します。