Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

【最新ビルドで修正済み】Desktop Centralの脆弱性(CVE-2021-44515)について


【既知の不具合】Desktop Centralの脆弱性(CVE-2021-44515)について

【対象ビルド】
  • Desktop Central Enterprise Edition 10.1.2127.17以前のビルド (10.0.643 および 10.0.644 を除く)
  • Desktop Central Enterprise Edition 10.1.2128.0 から 10.1.2137.2 のビルド

※ 脆弱性発見時の日本国内での最新ビルドが 10.0.642 のため、日本国内でリリースされている 10.0.642以前のすべてのビルド が対象となります。(参考:日本でリリースされたビルド一覧)
※ ビルド番号の数え方が10.1から変更となります。詳しくはビルド番号の確認方法をご覧ください。
※ クラウド版(Desktop Central Cloud)への影響はありません。
※ ServiceDesk Plus 11.3 以上をご利用の場合はこちらをご覧ください。

 

【問題】

上記対象ビルドのDesktop Centralには、認証バイパスの脆弱性が存在し、Desktop Central任意コード実行の被害を受ける恐れがあります。 (CVE-2021-44515)。

 


【詳細】

Desktop Centralにおいて、認証バイパスの脆弱性が特性されました。この脆弱性を悪用されると、サーバー側において任意コード実行の被害を受けるおそれがあります。

侵害を受けていないか確認する簡単なツール(エクスプロイト検知ツール)を作成いたしました。使用方法は以下の通りです。

  1. Desktop Centralサーバーでエクスプロイト検知ツールをダウンロードします。
  2. ファイルを解凍し、Desktop Centralサーバーフォルダー\bin 内に配置します。
    (デフォルトのパスは \ManageEngine\UEMS_CentralServer\bin folder または \ManageEngine\DesktopCentral_Server\bin )
  3. コマンドプロンプトを開き、先ほどのフォルダーに移動します。
  4. RECScan.exeを実行します。
  5. "NOT COMPRPMISED" と表示されれば問題ありません。なお、侵害指標インディケーター(Indicators of Compromise, IOC)として、以下のファイルが報告されております。
    • <Desktop Centralサーバーフォルダー>\lib 内の aaa.zip ( md5 - 9809bdf6e9981fbc3ad515b731124342 )
    • <Desktop Centralサーバーフォルダー>\webapps\DesktopCentral\html 内の help_me.jsp
外部からネットワークアクセスできない環境でDesktop Centralをご使用の場合、本脆弱性による攻撃を受ける可能性は低いと考えられます。しかしながら、可能な限り早急な対応をおすすめいたします

対処方法
必須の対応

日本国内向け最新ビルドで修正済みです。アップグレードして対応します。

新ビルドリリースに伴い、記述を変更しました
Desktop Central 10.0.644 Desktop Central 10.0.644 へアップグレードします。

侵害を受けた場合の対応
  1. 侵害を受けたシステムをネットワークから隔離します。
  2. Desktop Centralデータベースのバックアップを取得し、外部に保存します。
  3. その他の必要なデータのバックアップを取得し、外部に保存します。
  4. 侵害を受けたシステムをフォーマットします。
  5. Desktop Centralを(可能なら別のシステムに)再インストールし、バックアップを取得したビルドと同じビルドのDesktop Centralをインストールします。
  6. 取得したバックアップをリストアします。
  7. 最新ビルドにアップグレードします。
  8. 以下の対応をおすすめします。
    • すべてのサービス、アカウント、Active Directoryなど、侵害を受けたシステムからアクセス可能なすべてのサービスのパスワードをリセットします。
    • Active Directory管理者パスワードをリセットします。

 


ServiceDesk Plus 11.3以上をご利用の場合

ServiceDesk Plus 11.3以上をご利用の場合、資産管理のエージェントスキャンにおいてDesktop Centralが使用されます。
※ ServiceDesk Plus 11.2以前をご利用の場合、Desktop Centralは使用されておりません。
ServiceDesk Plus 11.3以上の環境で使用されるDesktop Centralはビルド10.1以降のため、日本国内向け最新版の Desktop Central (Desktop Central 10.1.2137.11 以降)へのアップグレードをお願いいたします。
日本国内でリリースされている修正ビルドへのアップグレードはできません。
こちらをご覧いただき、グローバルでの最新ビルド 10.1.2127.18 または 10.1.2137.3 へのアップグレードをお願いいたします。