Firewall Analyzer ナレッジベース

コンプライアンス:Comparison機能でメール、PDFファイル出力オプションが使用できない


対象

ビルド12.5.334

ご利用ビルドの確認方法は、こちらのページをご参照ください。

概要

[コンプライアンス]→[バックアップコンフィグ]→[Comparison]機能では、
スケジュールにより取得したルールまたはコンフィグの差分画面を表示することができます。

差分表示後の画面右上のメールアイコン、PDFファイル出力アイコンから、
メール送信、PDFファイル出力が機能しない事象が報告されております。
本事象は、Windows環境のみで発生することが確認されています。

本事象の発生を確認された場合には、弊社サポート窓口までお問い合わせいただけますと幸いです。
サポート担当より、修正用ファイルをご提供いたします。
その後、以下の手順をお試しください。

修正手順

1.サポート担当より修正用ファイル入手

2.Firewall Analyzerを停止
停止手順はこちらをご参照ください。

3.インストールフォルダー[.../<OpManager_Home>/apiclient/fluidicv2/javascript/]を開き、以下の3つのファイルをバックアップとしてデスクトップ等に退避
・allModels_12300.min.js
・allViews_12300.min.js
・finalTemplate_12300.min.js

4.インストールフォルダー[.../<OpManager_Home>/html/]を開き、以下の2つのファイルをバックアップとしてデスクトップ等に退避
・EnglishToNative_en_US.properties
・EnglishToNative_ja_JP.properties

5.インストールフォルダー[.../<OpManager_Home>/conf/]を開き、以下のファイルをバックアップとしてデスクトップ等に退避
・security-fwa.xml

6.インストールフォルダー[.../<OpManager_Home>/]配下に、[fixes]フォルダーを新規に作成

7.手順1で入手した修正ファイルのうち、以下の3つのファイルを手順3と同様のフォルダーパスに配置
・allModels_12300.min.js
・allViews_12300.min.js
・finalTemplate_12300.min.js

8.手順1で入手した修正ファイルのうち、以下の2つのファイルを手順4と同様のフォルダーパスに配置
・EnglishToNative_en_US.properties
・EnglishToNative_ja_JP.properties

9.手順1で入手した修正ファイルのうち、以下のファイルを手順5と同様のフォルダーパスに配置
・security-fwa.xml

10.手順1で入手した修正ファイルのうち、以下のファイルを手順6で作成した[fixes]フォルダー配下に配置
・fix.fjar

11.Firewall Analyzerを起動
起動手順はこちらをご参照ください。

 

上記手順を実施後、本事象の改善をご確認ください。
また、本手順(修正用ファイルの入れ替え)により、こちらの事象も改善されます。

事象の改善がみられない場合には、引き続きサポート上でトラブルシューティングを実施いたします。

本事象は、将来リリースのビルドで改修予定です。
なお、リリースビルド番号ならびにリリース時期は現在未定です。