Password Manager Pro ナレッジベース

アップグレードに失敗する


[問題]
Password Manager Proのアップグレードを行う際に、何らかのエラーが生じてアップグレードに失敗した。

[解決策]
アップグレードに失敗する場合には、以下のフローチャートからトラブルシューティングを行って下さい。

  • 失敗したppmファイルを削除

アップグレード試行時に、[PMP HOME]>Patchのフォルダー内に適用予定のパッチファイルが作成されます。このppmファイルが存在しますと、再アップグレード時に下記のエラーメッセージが表示されて、アップグレードできません。
「Some exception occurred during previous patch installation / uninstallation. Please contact support team.」

そのため、アップグレード失敗した際には、[PMP HOME]>Patchのフォルダー名のリネームまたは削除をお願いいたします。

■ 既定設定(PMP暗号化鍵とPMPユーザー)を変更していない場合

  • PMP暗号化鍵の配置場所を確認

PMP暗号化鍵が既定設定の場合、セキュリティ対策のためアップグレード時にエラーが生じます。そのため、PMP暗号化鍵(pmp_key.key)が既定の場所以外での保管をお願いいたします。詳細はこちらをご参照ください。

※PMP暗号化鍵の配置場所変更のご案内は、Password Manager ProをインストールしPMPへログイン直後に表示されます。

  • 既定のPMPユーザーを確認

既定のPMPユーザー(adminとguest)のログインパスワードが一度も変更されていない場合、セキュリティ対策のためアップグレード時にエラーが生じます。そのため、adminとguestのログインパスワードを変更いただくか、必要ない場合には、削除をお願いいたします。

■ 管理者権限でアップグレードを実施していない場合

管理者権限以外でアップグレードした場合には、アップグレードファイル内へのアクセスが拒まれて、アップグレードが出来ない可能性がございます。そのため、管理者権限でのアップグレードをお願いいたします。

管理者権限でのアップグレードが行えない場合には、以下の方法で実施してください。

(1)PMPサービスを停止 (4つのプロセス wrapper.exe, postgres.exe, java.exe, pmp.exeも停止していることを確認)
(2)[PMP HOME]>PatchをPatch_oldにリネームまたは、削除
(3)管理者権限でコマンドプロンプトを起動
(4)コマンドプロンプトにて、[PMP HOME]>binに移動し、UpdateManager.batを起動
(5)アップグレードパック(ppmファイル)を選択して、適用

以上