Password Manager Pro ナレッジベース

パスワードのエクスポート機能


Password Manager Proでは、管理しているパスワードを暗号化しDBへ保管していますが、不測の事態に備えてパスワードをエクスポートすることが可能です。本ナレッジでは、パスワードのエクスポート機能について、ご紹介いたします。

設定手順

※管理者画面にて設定を行います。
(1)[管理]->[セットアップ]->[パスワードのエクスポート]をクリック
(2)下記の該当項目にチェック

  • 平文のパスワード情報をエクスポート
  • ファイルストア、キーストア、ライセンスストアのリソースの種類、ファイルの追加項目に保管されたファイルなどを表示
  • 暗号化されたパスワード情報をエクスポート
  • 暗号化されたパスワード情報をDropboxに同期

図:パスワードのエクスポート-オフラインアクセスの設定画面

(3)パスワードのエクスポートを許可するタブを選択

  • ホームタブ
  • リソースタブ
  • リソースグループタブ

(4)実際にパスワードをエクスポートする場合には、[ホーム]タブや[リソース]タブ、[リソースグループ]タブの[パスワードのエクスポート]からエクスポートする方法を選択します。

以上が設定手順です。

 

表示画面

 

エクスポートしたパスワードの表示画面をご紹介します。

プレーンテキストでエクスポートする場合:

※画像をクリックすると大きく表示されます。

 

暗号化HTMLでエクスポートする場合:

(1)パスフレーズとエクスポートする理由を入力します

図 暗号化HTMLでエクスポートする場合

(2)パスフレーズを入力します

図 暗号化HTMLでエクスポートする場合

(3)以下のように表示されます。

パスワードはアスタリスクをクリックすると表示されます。

図 暗号化HTMLでエクスポートする場合

 

(4)パスワードのエクスポートを実行した際には、[監査]タブにて操作種別「リソースのエクスポート」「パスワードの取得」として記録されます。エクスポートした理由は、理由欄をマウスオーバーすることで確認できます。

機能の制御方法

パスワードのエクスポート機能は、パスワードが表示されてしまうため、機能を使用するユーザーを制御する必要があります。設定における適用内容を下図でご説明いたします。

※「エクスポートするファイルにプレーンテキストのパスワードを表示」を例に作成しております。

 

※「②ユーザー・ユーザーグループごとの設定」では、各ユーザーとユーザーグループのより設定可能です。ユーザー設定の場合、ユーザー一覧の上部の[その他の操作]->[パスワードのエクスポート設定]から一括設定可能です。

※スーパー管理者は、パスワード表示が有効であれば、アクセス制御設定によらず表示するが可能です。

 

以上