低価格で始めるインシデント管理ツール|ServiceDesk Plus Standard Edition

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

ServiceDesk Plus Standard Editionは、ヘルプデスクに入る問い合わせ対応状況の把握や、情報提供の効率化などを実現するインシデント管理ツールとして十分な機能を提供します。依頼者数やリクエスト数に制限はありません。ここでは、Standard Editionの機能と価格をご紹介します。この内容はクラウド版もオンプレミス版も同じです。

Standard Editionの機能

自動化

  • 担当者の自動割り当て
  • 通知メールの自動送付
  • 予防保全のスケジュール化
  • SLAの自動割り当て
  • チケットの自動分類

その他

  • 複数サイトのサポート
  • Active Directory&LDAP連携
  • API連携
  • 休暇と業務時間の管理
  • ダッシュボード
  • リクエストテンプレート
  • 技術担当者のスケジュール管理

クラウドも選べるから気軽に試せます[無料]

評価版はこちら概要資料はこちら

Standard Editionの価格

年間48.5万円から

(※保守サポート込み、税別)

ライセンス価格年間ライセンス通常ライセンス
オペレーター数ライセンス+保守永年ライセンス
+初年度保守
2年目以降保守
10¥485,000¥1,199,000¥201,000
20¥796,000¥1,966,000¥328,000
50¥1,408,000¥3,478,000¥580,000
100¥2,348,000¥5,800,000¥968,000
200¥2,816,000¥6,956,000¥1,160,000

※上記は税別価格です。
※年間ライセンスと通常ライセンス(無期限ライセンス)の違いは通常ライセンスと年間ライセンスをご確認ください。
※オペレーター数は、ServiceDesk Plusのリクエストを処理する技術担当者(ヘルプデスクスタッフ、管理者含む)の数です。
※オプションについては価格表をご確認ください。

導入までの流れ

ServiceDesk Plus導入までの流れを「自社構築」「ベンダー構築」の2パターンを紹介しています。