ServiceDesk Plus 9.0の新機能

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

変更承認ワークフロー機能で複数段階の承認プロセスと詳細なステータス管理が可能に!

きめ細かな変更管理を低価格で実現するITサービスマネジメントツール「ServiceDesk Plus」最新版9.0をリリース

ServiceDesk Plus 9.0 の新機能

2014年06月01日リリース

ServiceDesk Plus 9.0 にあらたに追加された機能を紹介します。

変更承認ワークフロー機能を追加

変更要求(RFC)

変更ワークフローを強化!

本リリースで強化された変更ワークフロー機能は、変更プロセスを定型化し、自動化することにより、変更を起因とするビジネスへの影響を最小限にとどめます。ワークフロー内で変更プロセスに含まれる活動(変更の要求/計画/承認/実装/レビュー)ごとに進捗ステータスを確認できるようになり、各ステージの管理者によって評価されていない変更の実装を防止します。変更の進捗状況を詳細にモニターリングするだけでなく、作業ステータスが変更されると関係者へ自動通知メールを送付し、速やかな変更の実施を支援します。

プロジェクト管理の詳細を見る

変更要求テンプレート機能を追加

RFCテンプレート

待望のRFCテンプレートを実装!

今回のリリースでは、多くのお客様からご要望のあったRFCテンプレートの作成機能を実装しました。繰り返し発生する変更要求や、変更タイプごとのRFCをあらかじめ定義しておくことで、変更作業の自動化と効率化を促進します。

CMDB API機能を追加

CMDB関係マップ

APIで外部アプリケーションからのCMDB情報を更新!

API機能の追加により、外部のアプリケーションからでもCMDBに構成アイテム(以下、CI)情報を追加/更新/取得/削除/他のCIとの関係を設定できるようになりました。APIで追加したCIは、CMDBの関係性マップで確認できます。

ソフトウェア資産管理機能を強化

ソフトウェアライセンスのアップ/ダウングレード

ライセンスのアップ/ダウングレードをトラッキング!

ソフトウェアライセンスのアップグレードおよびダウングレードのトラッキングに対応しました。さらにパッケージ・ソフトウェア(例 Microsoft社、Adobe社)を自動的に検出し、パッケージライセンスを適用する機能を追加しました。

リリースノート

リリースノート9.0 リリースノート
8.2 リリースノート
8.1 リリースノート
8.0 リリースノート
7.6 リリースノート
7.5 リリースノート
7.0 リリースノート

関連ドキュメント

リーフレット製品紹介リーフレット
プレスリリース2014年5月8日公開のプレスリリース

過去のリリース履歴

2013年06月10日ServiceDesk Plus 8.2 リリース
2012年09月05日ServiceDesk Plus 8.1 リリース
2011年03月10日ServiceDesk Plus 8.0 リリース
2010年01月12日ServiceDesk Plus 7.6 リリース
2009年03月10日ServiceDesk Plus 7.5 リリース
2007年06月08日ServiceDesk Plus 7.0 リリース
2007年06月21日ServiceDesk Plus 6.0 リリース
2006年10月03日ServiceDesk Plus 5.5 リリース
2006年06月08日ServiceDesk Plus 5.0 リリース