ADAudit Plus ナレッジベース

特定のユーザーアカウントを除外する


※本ナレッジはビルド6061をもとに作成しています。

本ナレッジでは、特定のドメインユーザーをログオン監査対象から除外する手順を紹介します。
監査不要なドメインユーザーを監査対象から除外することで、データベースの容量節約に繋がります。

除外ユーザーの設定後、ADAudit Plusは当該ユーザーのログオンに関する監査データの収集を停止します。

手順

  1. [管理]タブをクリックします。
  2. [除外ユーザーアカウント]をクリックします。
  3. 除外したいユーザーが属するドメインを選択します。
  4. "+"をクリックします。選択したドメイン内に存在するユーザーが表示されます。
  5. 除外するユーザーを選択します。
  6. [OK]をクリックします。
  7. [保存]をクリックします。

 

以上です。