ADAudit Plus ナレッジベース

アップグレード手順


本ナレッジでは、アップグレード手順をご説明します。

アップグレードに使用するサービスパックファイル(ppm)は、以下の表をご参照ください。
サービスパックファイルは、保守登録ユーザ様に送付している「保守メール」内のリンクよりダウンロードできます。

対象サービスパックファイル名
利用中のビルド番号 アップグレード後
ビルド番号
アップグレードに使用するサービスパックファイル名
7000 7003 ManageEngine_ADAudit_Plus_7_0_0_SP-0_3_0.ppm
6000 ~ 6077 7000 ManageEngine_ADAudit_Plus_7_0_0_SP-0_0_0.ppm
6000 ~ 6070 6077 ManageEngine_ADAudit_Plus_6_0_0_SP-7_7_0.ppm
6000 ~ 6061 6070 ManageEngine_ADAudit_Plus_6_0_0_SP-7_0_0.ppm
6000 ~ 6052 6061 ManageEngine_ADAudit_Plus_6_0_0_SP-6_1_0.ppm
6000 ~ 6050 6052 ManageEngine_ADAudit_Plus_6_0_0_SP-5_2_0.ppm
6000 ~ 6031 6050 ManageEngine_ADAudit_Plus_6_0_0_SP-5_0_0.ppm
6000 ~ 6010 6031 ManageEngine_ADAudit_Plus_6_0_0_SP-3_1_0.ppm
6000 6010 ManageEngine_ADAudit_Plus_6_0_0_SP-1_0_0.ppm
5100 ~ 5120 6000 ManageEngine_ADAudit_Plus_5_1_0_SP-3_0_0.ppm
5100 ~ 5110 5120 ManageEngine_ADAudit_Plus_5_1_0_SP-2_0_0.ppm
5000 ~ 5054 5100 ManageEngine_ADAudit_Plus_5_0_0_SP-6_0_0.ppm
4640 ~ 4693 5000 ManageEngine_ADAudit_Plus_4_6_0_SP-9_5_0.ppm
4600 ~ 4630 4640 ManageEngine_ADAudit_Plus_4_6_0_SP-4_0_0.ppm
4500 ~ 4544 4600 ManageEngine_ADAudit_Plus_4_5_0_SP-5_0_0.ppm

 

検証環境でのアップグレードテスト

本番環境でアップグレードを実行する前に、以下の点からテスト環境で検証していただくことを推奨いたします。

  • 重要なデータの損失の防止
  • アップグレード後の稼働環境の確認
 バックアップの取得方法

バックアップとリストア
https://www.manageengine.jp/support/kb/ADAudit_Plus/?p=46

アップグレードによる障害を防止するため、アップグレード前に必ずバックアップをご取得ください。バックアップに要する時間はデータ容量に依存します。 故意にアップグレードプロセスを切断しないでください。

 アップグレード手順

1. ADAudit Plus のサービス/アプリケーションを停止します。
※上記バックアップ手順で既に停止している場合は不要です

2. 以下のプロセスが起動していないことを確認します。起動している場合は停止します。

  • java.exe
  • postgres.exe
  • wrapper.exe

プロセスの確認方法、停止方法はこちらをご参照ください。

3. 管理者としてコマンドプロンプトを起動します。

4. [ADAudit Plusインストールディレクトリ]\binフォルダーに移動します。

5. UpdateManager.bat を実行します。

6. [Browse]をクリック後、ダウンロードしたサービスパックファイル(.ppm)を選択して、[Install] をクリックします。
※サービスパックファイル名はアップグレード対象毎にファイル名が異なります。

7. “Service Pack installed successfully”と表示されるのを確認後、[Close]をクリックします。

8. [Exit]をクリックします。

9. ADAudit Plus を起動します。

10. 管理者アカウントでADAudit Plus にログインします。

11. ログインページの右上にある「ライセンス」リンクをクリックします。

12. ビルド番号が正しく表示されていることを確認します。

アップグレード手順は以上です。