ADAudit Plus ナレッジベース

エージェントの概要とインストール手順


本ナレッジでは、エージェントの概要とインストール手順をご説明します。

 

概要

ADAudit Plusは、エージェントレスで管理対象デバイスからイベントデータを収集できます。一方、管理対象デバイスにエージェントをインストールすることで、エージェントベースのデータ収集も可能です。エージェントをインストールすることのメリットは以下のとおりです。

メリット

  • WAN接続で運用されている大規模なネットワークの場合、エージェントをインストールすることで帯域幅の使用を大幅に削減することができます。
  • 管理対象のメンバーサーバー、ファイルサーバーからリアルタイムでのデータ収集が可能となります(エージェントレスでは最短30分間隔)。
  • エージェントをインストールすることで、ADAudit Plusのwebサーバーポート(デフォルトは8081)を開放するのみでデータ収集が可能となります。組織のセキュリティポリシーで WMI/DCOM ポートの開放が許可されていない場合などに役立ちます

要件

OS

エージェントをインストールするデバイスのOS要件は以下のとおりです。

  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Vista

ポート

ポートに関する要件は以下のとおりです。

  • エージェントからADAudit Plusのwebサーバーポートにアクセス可能であること。デフォルトのwebサーバーポートは8081です。
  • ADAudit Plusの製品UI画面より、エージェントをインストール/アンインストールする場合、エージェントをインストールしたデバイス上でRPCポート(135 と 49152 - 65535 )の開放が必要です。

その他の要件

  • エージェントをインストールするデバイス上で、 .NET Framework version 4.5以上がインストールされていること。
  • ADAudit Plusサーバーとエージェントをインストールするデバイス上で、remcom.exe と remcomsvc.exe がアンチウイルスソフトウェアのスキャンから除外されいていること。

インストール手順

本ナレッジでは以下2つのインストール手順をご紹介します。

  • 製品UI画面からインストールする
  • デバイス上で.msiファイルを実行してインストールする

製品UI画面からインストールする手順

※エージェントをインストールする対象デバイスを、あらかじめADAudit Plusに追加しておく必要があります。

  1. 製品にログイン後、[構成]タブ → [設定済みサーバー] → [メンバーサーバー/ワークステーション/ファイルサーバー ](対象デバイスの種類によって選択してください) に移動します。
  2. 対象デバイスにチェックを入れ、縦3点リーダーをクリック後、「エージェントのインストール」をクリックします。
  3. ポップアップ画面にて、「はい」をクリックします。エージェントのインストールが実行されます。

※エージェントインストール時には、製品内で該当ドメインに設定したアカウントの認証情報を使用します。ドメインに設定したアカウントがDomain Admins権限を有していることをご確認ください。ドメインに設定する認証情報を変更する方法はこちらのナレッジをご参照ください。

 

手順は以上です。

デバイス上で.msiファイルを実行してインストールする手順

  1. ADAudit Plusサーバーにログオン後、"<ADAudit Plus_インストールフォルダー>\webapps\adap\agent\ADAuditPlusAgent-x64.msi" を取得します。※エージェントをインストールする対象デバイスが32bit版である場合、"ADAuditPlusAgent-x84.msi"を取得します。
  2. エージェントをインストールする対象デバイス上で、取得した.msiファイルを実行します。
  3. [Next]をクリックします。
  4. エージェントフォルダーの保存先を選択後、[Next]をクリックします。
  5. ADAudit Plusサーバー情報を入力後、[Next]をクリックします。ServerName には、ADAudit PlusのFQDNまたはIPアドレスを入力します。PortNumber, Protocol には、ADAudit Plusのwebサーバーポート番号を入力してください(デフォルトは8081/HTTP)。
  6. エージェントインストールが成功した旨のメッセージを確認後、[Close]をクリックします。
  7. 製品画面にログイン後、エージェントをインストールしたデバイスが管理対象として追加されていることを確認します。

 

手順は以上です。

その他のインストール手順の詳細はこちらのページ(英語)をご参照ください。