ADAudit Plus ナレッジベース

利用するポート番号


本ナレッジでは、ADAudit Plusが使用するポートを記載します(こちらの本社ページを参照)。

プロダクトポート

次の表は、ADAudit Plusで使用されるデフォルトのポートを示しています。これらのポートは、インストール中またはインストール後に変更できます。

 

ポート プロトコル 目的
8081 HTTP 製品webサーバー
8444 HTTPS 製品webサーバー
33307 TCP データベースポート
29118 TCP DataEngineポート

HTTP/HTTPSポート番号を変更する場合は下記より変更可能です。

管理タブ > 一般設定 > 接続 > [ADAudit Plusのポート番号]

 

システムポート

次の表は、「宛先」デバイス上で許可する必要のあるポートを示します。 Windowsまたはサードパーティのファイアウォールで許可されていることをご確認ください。

 

ポート プロトコル 通信方向 サービス 補足
135 TCP Inbound RPC 用途:Windowsログ収集

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: 管理対象デバイス

137 TCP/UDP Inbound NetBIOS name resolution RPC/named pipes (NP) 用途:Windowsログ収集

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: 管理対象デバイス

138 UDP Inbound NetBIOS datagram 用途:Windowsログ収集

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: 管理対象デバイス

139 TCP Inbound NetBIOS session RPC/NP 用途:Windowsログ収集

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: 管理対象デバイス

445 TCP/UDP Inbound SMB RPC/NP 用途:Windowsログ収集

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: 管理対象デバイス

389 TCP/UDP Inbound LDAP 用途:ADオブジェクトの同期

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: ドメインコントローラー

636 TCP Inbound LDAP over SSL 用途:ADオブジェクトの同期

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: ドメインコントローラー

3268 TCP Inbound Global catalog 用途:ADオブジェクトの同期

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: ドメインコントローラー

3269 TCP Inbound Global catalog over SSL 用途:ADオブジェクトの同期

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: ドメインコントローラー

88 TCP Inbound Kerberos 用途:ドメインリソースにアクセスする際の認証

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: ドメインコントローラー

25 TCP Inbound SMTP 用途:メール送信

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: SMTPサーバー

465 TCP Inbound SSL 用途:メール送信

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: SMTPサーバー

587 TCP Inbound TLS 用途:メール送信

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: SMTPサーバー

49152- 65535* TCP Inbound RPC randomly allocated high TCP ports 用途:Windowsログ収集

送信元: ADAudit Plusサーバー

宛先: 管理対象デバイス

 

Windows ファイアウォールを利用している場合、「受信の規則」にある下記のルールを有効化することでダイナミックポート(49152-65535)を許可できます。
 

  • Remote Event Log Management (NP-In)
  • Remote Event Log Management (RPC)
  • Remote Event Log Management (RPC-EPMAP)