Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

複数のNICを持つコンピューターにDesktop Centralサーバーをインストールする


この記事では、Desktop CentralサーバーをインストールするコンピューターにNICが複数ある場合の、サーバー側およびエージェント側の設定手順について説明しています。

注意点: (2020/8/5追記)

  1. 「フェイルオーバーサーバー」を設定している場合は、手順を実行する前に弊社サポート窓口にお問い合わせください
  2. 特定のIPを使用するようにDesktop Centralを設定した場合、すべてのDesktop Centralエージェントは、設定したIPアドレスを用いてのみサーバーと通信します。設定したIPアドレスがすべてのDesktop Centralエージェントからアクセスできることをご確認ください
  3. 管理画面にアクセスする際は、Webブラウザーのアドレスバーに「http://<サーバーのIPアドレス>:8020」と指定してください。ホスト名、FQDN、localhostなどの形式で指定しないでください。
  4. 設定完了後は、管理画面に手動でアクセスしてください
管理対象PCにDesktop Centralエージェントを既にインストールしている場合

管理対象PCにDesktop Centralエージェントを既にインストールしている場合は、以下の手順を実行します。手動で設定する方法(A)と、自動で設定する方法(B)があります。

(A) 手動で設定する方法
  1. OSに応じて以下のファイルをダウンロードし、ダウンロード後に名前(拡張子)を変更します。
  2. 上記手順で名前を変更したスクリプトを、Desktop CentralエージェントがインストールされているPCにコピーします。
  3. Administrator権限 / ROOT権限でコマンドプロンプト/ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。<DCServer IPAddress>には、Desktop Central サーバーが使用するIPアドレスを入力します。

    Windowsの場合 cscript configureDCAgentServerCommunication.vbs <DCServer IPAddress>
    例: cscript configureDCAgentServerCommunication.vbs 192.168.112.146

    Macの場合 sudo ./configureDCAgentServerCommunication_mac.sh <DCServer IPAddress>
    例: sudo ./configureDCAgentServerCommunication_mac.sh 192.168.112.146

    Linuxの場合 sudo ./configureDCAgentServerCommunication_linux.sh <DCServer IPAddress>
    例: sudo ./configureDCAgentServerCommunication_linux.sh 192.168.112.146

  4. すべてのエージェントがサーバーと通信しているかどうかをDesktop Centralコンソール画面で確認します。管理タブ > SoM設定 > 管理対象 > コンピューター より、フィルター条件を適宜設定したうえで、 最終接続時刻(※ビルドによっては「最終連絡時間」表記の場合があります) カラムの時刻を確認します。スクリプト配布時間以降に通信が成功していることを確認します。
(B) 自動で設定する方法

Desktop Centralのカスタムスクリプト構成を使用して上記の手順を自動化します。なお、この手順は Windows および Mac に対してのみ有効です。

  1. (A)の手順1 と同様に、対応するスクリプトファイルをダウンロード後、名前(拡張子)を変更します。
  2. 構成 > スクリプトリポジトリ > リポジトリ > スクリプトを追加する をクリックし、ダウンロードしたスクリプトをスクリプトリポジトリに登録します。
    • 「スクリプト名」において、ダウンロードしたスクリプトを指定します。
    • 「スクリプトの引数」には、Desktop CentralサーバーのIPアドレスを指定します。
  3. カスタムスクリプト機能を使用して、スクリプトを配布します。
  4. すべてのエージェントがサーバーと通信しているかどうかを確認します。管理タブ > SoM設定 > 管理対象 > コンピューター より、フィルター条件を適宜設定したうえで、 最終接続時刻(※ビルドによっては「最終連絡時間」表記の場合があります) カラムの時刻を確認します。スクリプト配布時間以降に通信が成功していることを確認します。

複数のNICを持つコンピューターにDesktop Centralサーバーをインストールする

Desktop Centralを実行しているコンピューターに複数のネットワークインターフェイスカード(NIC)があり、Desktop Centralサーバーの通信を特定のIPアドレスに制限する場合は、次の手順に従います。(※手順1.~3.は2020/8/5追記)

  1. 管理画面にログインし、[管理]タブ > エージェント設定 をクリックします。
  2. サーバーのIPアドレスを指定します。
  3. [IPアドレスの自動更新]オプションを無効にし、[保存]ボタンをクリックします。
  4. Desktop Centralサーバーがインストールされたコンピューターに接続し、スタート > ファイル名を指定して実行 > Services.msc > ManageEngine Desktop Central Server を選択して、Desktop Centralサービスを停止します。
  5. Desktop Centralサーバーがインストールされているディレクトリ内の、<インストールディレクトリ>\DesktopCentral_Server\conf\wrapper-user.conf をテキストエディターで開きます。
  6. wrapper-user.confで-Dbindaddress = "<IP_Address>"を以下のように割り当てます。

    例:wrapper.java.additional.15 = -Dbindaddress = "192.168.112.146"

  7. <インストールディレクトリ>\DesktopCentral_Server\conf内にある ws.modtime ファイルを削除します。
  8. Desktop Central Serverを起動します。
  9. 続いて、エージェント側の設定を実行します。
Desktop Centralが特定のIPを使用するように設定すると、Desktop Centralエージェントは、指定されたIPアドレスを介してのみサーバーと通信します。マシン名やFQDNではなく、指定したIPアドレスに対してすべてのエージェントからアクセスできることを必ず確認してください。
以上で、NICが複数存在するコンピューターでDesktop Centralサーバーを使用する設定が完了します。