Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

パッチレポート


パッチレポート

デフォルトで利用できるパッチレポートの詳細について説明しています。なお、各ページ右上の表アイコンをクリックして、表示されるカラムの追加や除外、並び替えが可能です。また、各ページ上部の[フィルター]からフィルターを設定できます。
カスタムレポート / クエリレポート を使用すると、カスタマイズしたレポートを利用できます。
各カラムについては、こちらの説明をご覧ください。


パッチレポート
  • 欠落パッチ
    デフォルトでは、欠落パッチおよび適用済みパッチの一覧が表示されます。「欠落システム」の数や期間などでフィルター条件を適宜設定し、表示します。
     
  • サポート済みパッチ
    デフォルトでは、Desktop Centralがサポートするパッチの一覧が表示されます(※表示される全てのパッチがご利用できるわけではありません)。
     
  • 未承認のパッチ
    ステータスが「未承認」となっているパッチの一覧が表示されます。パッチのステータスについては、パッチテストと承認設定およびパッチの拒否をご確認ください。
     
  • リモートオフィスごとの概要
    Desktop Centralのリモートオフィスごとにパッチの適用状況およびシステムステータスを表示します。
     

 


システムレポート
  • システムステータスレポート
    システムステータスポリシーに基づき、管理対象PCのステータスおよび欠落パッチの種類(OS/サードパーティ製品/ドライバー/BIOS)ごとの数を確認可能です。
     
  • 再起動が必要なシステム
    再起動が必要なパッチの適用が完了する等で、再起動待ちの状態になっている管理対象PC一覧を表示します。
     

 


スケジュールレポート

スケジュールレポート機能を使用して、上記のレポートや カスタムレポート / クエリレポート を定期的に実行/出力できます。

※カスタムレポートは基本的にインベントリモジュールの情報のみを取得可能ですが、欠落パッチ数など一部のパッチ情報も取得可能です。