Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

Windows 11 / Windows Server 2022への対応


Windows 11 / Windows Server 2022への対応


Windows 11 のシステム要件を確認する方法

Windows 11 への互換性を調べる をご覧ください。

 


Windows 11 を配布する方法

Microsoftより Windows 11 が2021年10月5日にリリースされました。 Windows 11 は Windows 10 からアップグレード可能です。
Windows 11 に関する情報は以下の ManageEngineブログの記事 をご覧ください。

Windows 11 は、Desktop Central上では機能更新プログラム(Feature Update)の1つとして扱われます。機能更新プログラムと同様の手動配布によってインストール可能です(当面の間は欠落パッチとして表示されないため、サポート済みパッチ > 「Windows 11」で検索し、パッチを選択して[パッチのインストール] からインストールします)。
詳細な手順につきましては、現在準備中です。

Desktop Centralオンプレミス版のWindows 11/Windows Server 2022への対応について
日本国内向け最新版において Windows 11 / Windows Server 2022 をサポートしています。
Windows 11 / Windows Server 2022に対応する Desktop Centralは 新規インストールの場合、ビルド 10.1.2134.2 以降 / 以前のビルドからのアップグレードの場合、ビルド 10.1.2137.1 以降です。
それ以前のビルドのDesktop CentralではWindows 11は一部機能においてサポートされません。パッチ管理機能においてはWindows 11 パッチの配布をご利用いただけますが、インベントリ管理機能においてはWindows 11 が正しく検出・表示されない等の影響があります。

 


Windows 11 の適用をブロックする方法

Windows 11はWindows Updateを経由して配布されますが、適用のタイミングはシステムによって異なるとされています。以下の操作をそれぞれ実行することで、Windows 11の適用をブロックします。

  • Windows Updateのブロックをご覧ください。
     
  • Windows Update自動更新の無効化: Windows Updateの操作または自動更新によって、Windows 11が適用されることを防ぎます。
    ※この操作により、今後Windows Updateから更新プログラムが自動的にインストールされなくなります。
    Windows Updateを無効化する場合、Desktop Centralを使用してパッチを配布することになります。自宅勤務PCなど、VPN経由でPCを管理している場合、パッチをVPN経由で配布するのではなく、各ベンダーサイトから直接ダウンロードする「パッチの直接ダウンロード機能」の利用をおすすめいたします。なお、テレワーク対応についてはセキュアゲートウェイサーバーの利用をご検討ください。
  • パッチの拒否」でWindows 11を拒否設定: Desktop Centralを通してWindows 11が配布されることを防ぎます。なお、パッチの拒否設定のみではWindows Update経由で配布される更新プログラムをブロックすることはできません。