Firewall Analyzer ナレッジベース

Unassignedのプロトコルを正しいプロトコルに追加する方法


対象

Firewall Analyzer ビルド12以降

概要

Firewall Analyzerは、デフォルトで多くのプロトコル情報を登録していますが、ログに出力するプロトコルはFirewall機器によって様々な名称となり、全てのプロトコル情報を網羅することは困難です。 例えばメールなど一般的なプロトコルでもご利用機器によっては、「smtp」や「25/tcp」といった名称でログに記録されています。本手順では、Unassignedとなってしまったプロトコルを表示したいプロトコルグループに登録する手順をご紹介します。

設定手順

  1. [設定]>[システム]>[プロトコルグループ]画面を表示し、Unassignedの項目「➤」をクリック
  2. プロトコルを確認し、画面右[アクション]の編集アイコンをクリック
  3. 対象のプロトコルを割り当てるプロトコルグループを選択
    ※該当するプロトコルグループが存在しない場合には、新規にプロトコルグループを作成することが可
  4. プロトコルグループを選択し、保存

 

以上、設定手順になります。

割り当てたプロトコルは、設定以降に受信したログのみ適用となり、過去に受信していたログへは反映しません。